湯野上温泉・蕎宿湯神(3)~夕食編

湯神の夕食は18時から、部屋のテーブルで

最初にセットされた小鉢たち 素朴な感じの料理で、どれもしみじみとした味わい。
そして、どれも酒の肴になるw 特になめこと蕎麦の和え物がお気に入り。
2017-07-09_180211_R.jpg

妻のお刺身と私の馬刺し
予約時にお願いすれば刺身を馬刺しにしてもらえるのは諸先輩方の宿泊記で予習済みでした。
皆さん馬刺しを選ばれている様なので普段生肉を食べない私も挑戦してみました (´~`)モグモグ…
うん、馬刺しにして正解、滋味たっぷり (゚д゚)ウマ-
2017-07-09_180119_R.jpg 2017-07-09_175927_R.jpg

この後は一品ずつ出来立てを運んでくれます
先ずは蕎麦粥、良い香りに優しい味わいで妻がずいぶん気に入っていました
2017-07-09_180957_R.jpg

瓶ビールを飲んでいましたがここで冷酒を注文
ドリンクメニューは無いので、女将さんのおすすめの中から国権酒造(だったかな?)の『てふ』を
しっかりした味わいでなかなか好みのタイプでした
2017-07-09_182805_R.jpg

蕎麦サラダ 意外なほど野菜と蕎麦って合うのね
2017-07-09_182634_R.jpg

熱々の岩魚、頭から食べられるという情報も予習済み…(´~`)モグモグ…
…身だけ食べるのも良いんじゃないかなw 顎疲れるしw
2017-07-09_182945_R.jpg

揚げ物もお酒のアテになりますなw、一番下に隠れている蕎麦がきに蕎麦の実をまぶして揚げたやつが特に良かった
2017-07-09_184306_R.jpg

蕎麦稲荷
2017-07-09_185309_R.jpg

独創の蕎麦懐石の〆はもちろん美味しい蕎麦、蕎麦湯も頂いてうーん満足
2017-07-09_190159_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

湯野上温泉・蕎宿湯神(2)~館内編

湯神には15:30頃に到着
玄関で声を掛けると若旦那?が出てきてすぐに部屋に案内してくれました。
2017-07-10_100129_R.jpg 2017-07-09_155404_R.jpg

メゾネットタイプの洋室 『恵明庵』です
1階はリビング(ダイニングか?)テーブルと囲炉裏スペース、マッサージチェアも置いて有りました。
食事にはこのテーブルを使うので楽で良いですね。テーブルの上にお茶請けのくるみ羊羹
冷水とお茶セットの用意が有りましたが茶筒の中身は美味しいそば茶でした♪
2017-07-09_155437_R.jpg 2017-07-09_155243_R.jpg

囲炉裏は大きな灰皿として機能していましたw
マッサージ機は足もみは上手だったのですが上半身のマッサージは私には合いませんでした。
リビング部とガラス戸で仕切られた浴室は障子を閉めて見えない様にすることも出来ます。
2017-07-09_155509_R.jpg 2017-07-09_155617_R.jpg

何故かトイレと洗面スペースが一体になっていてこれはちょっと使い勝手が良くないな…
ここは脱衣所的なスペースも兼ねていてタオル掛けとタオルが置いて有りました。
2017-07-09_160240_R.jpg 2017-07-09_160250_R.jpg

そしてお風呂は大きな窓で明るく開放感が有り、浴槽も大きくて二人でも余裕のサイズ。
2017-07-09_155716_R.jpg 2017-07-10_060404_R.jpg

最初は44度位のアチチでしたが備え付けの櫂?で湯もみして42~43度に
2017-07-10_060438_R.jpg 2017-07-10_060520_R.jpg

温泉分析書
2017-07-09_174247_R.jpg 2017-07-09_174344_R.jpg

お風呂の窓からもリビングの窓からもすぐそこに会津鉄道が見られますw
頻繁に列車が走っていたらうるさいでしょうが、1時間に1本位なのでむしろ良い風情に感じられます。
踏切がカンカン鳴り始めるとカメラの用意をしたりしてw、夜中は走っていませんので静かなもんです。
2017-07-09_165615_R.jpg 2017-07-10_073621_R.jpg

階段を上がって2階が2台のベッドが置かれた寝室なのですが、写真を1枚も撮っていなかった事がたった今発覚しましたww
ずっと1階で過ごして2階へは酔っ払ってから寝に行っただけだったものですから (ノ∀`)アチャー
キレイな寝室で気持ちよく眠れたことだけご報告しておきますw

~続く


テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

湯野上温泉・蕎宿湯神(1)~往路編

七月の上旬に南会津湯野上温泉に行って来ました。
宿は『蕎宿湯神』、多くのリピーターに愛され、ネット上でたくさんの宿泊記を見ることが出来ます。
全4室の民宿ながら、全ての部屋に専用の温泉(源泉掛け流し)を備えたおこもり宿です。

私が温泉に目覚めたばかりの頃からネットを通じて知ったこの宿の事は気になっていました。
今まで訪問しなかったのは、実家の栃木県から近すぎて何となく旅行気分が盛り上がらなかった事と、人気の小宿ゆえ予約が取りにくい上に、空室を確認する手段も電話での問い合わせしかないというのが面倒だった事が有ります。

今回は個人的に連休だったので「7月○日から×日の間に空室は有りますか?」と直前に電話して予約することが出来ました。

んで、いよいよ旅行当日
東北道は走り飽きているのと高速代の節約のため矢板までR4で行く事にしました。
2015年に春日部~古河の2車線部分が4車線化されボトルネックが解消した新4号はなかなかの快走路
特に栃木県内の6車線で立体交差の続く部分はほとんど高速道路で流れも速っ!
2017-07-09_103009_R.jpg 2017-07-09_103510_R.jpg
2017-07-09_110837_R.jpg 2017-07-09_112630_R.jpg

矢板からは2車線区間となるのでここからは東北道へ、初めて立ち寄った那須高原SAはキレイでお洒落な感じです。
2017-07-09_120736_R.jpg 2017-07-09_123603_R.jpg

ここで昼食、以前別の場所で食べた那須牛がとても美味しかったので迷わずステーキ重(\1,650-ナリ)を注文
妻「うーん美味しい♪ けど前に食べた那須牛にはかなわないね」
私「アレは感動的と言うか衝撃的でしたからねえ。まあ値段も大分違いますしあのレベルはなかなか無いんじゃないでしょうか?」
2017-07-09_121957_R.jpg
ちなみに那須高原だから『那須牛』だと思い込んでいましたが、ここのお肉は『那須野ヶ原牛』だった事に後で気づきましたw 『那須野ヶ原牛』もちゃんと美味しかったですよw

SAを出るとあっという間に白河IC、ここで高速を降りてR289-甲子道路
長らく点線国道であり、難工事の末2008年に開通した道路という事で走ってみたかったのです。
2017-07-09_133516_R.jpg 2017-07-09_134558_R.jpg
2017-07-09_134814_R.jpg 2017-07-09_135738_R.jpg

森と渓谷とトンネルの甲子道路を走り抜けて湯神の有る下郷町へ、チェックイン前に寄り道したのは大内宿
2017-07-09_144939_R.jpg 2017-07-09_151142_R.jpg
2017-07-09_145447_R.jpg 2017-07-09_150033_R.jpg
流れているのはキレイな水なんだろうけど、道路わきの水路で飲み物や野菜を冷やしてるのは違和感あるんだよなぁ…
側溝=排水路って固定観念が有るものでw などと下らない感想を抱きつつお宿に向かいます。

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

四万温泉・長静館 2017年6月(3)~朝食と花の駅編

晴天の下、朝風呂
朝日に輝く対岸の山の緑が爽やか
2017-06-23_071456_R.jpg 2017-06-23_075832_R.jpg
2017-06-23_074349_R.jpg 2017-06-23_064526_R.jpg

そんな輝く緑を眺めながら朝食
2017-06-23_080032_R.jpg 2017-06-23_080152_R.jpg

今日の焼き魚は鰆?の西京漬け(うまい)
2017-06-23_080406_R.jpg 2017-06-23_080222_R.jpg

この日はウチの夫婦だけだったので、いつもはセルフサービスのコーヒーは女将さんがサーブしてくれました。
そして昨夜食べられなかったデザート、キウイの氷菓子と苺のブランマンジェ(とてもうまい)
2017-06-23_083149_R.jpg 2017-06-23_083310_R.jpg

葉っぱの照り返しの緑の光に満たされた館内
お気に入りの宿にお気に入りの場所が有る訳で、毎回同じ構図の写真になっちゃうのは仕方がありますまいw
2017-06-23_085057_R.jpg 2017-06-23_085203_R.jpg

2017-06-23_085254_R.jpg 2017-06-23_085319_R.jpg

名残惜しいけどチェックアウト
立ち寄ったのはお馴染みの花の駅、満開の紫陽花を期待して行ったのですが少し早かった様です。
平日の朝と有ってお客さんは少なく、ほとんど貸し切り状態で静かな散策を楽しみました。
2017-06-23_102349_R.jpg 2017-06-23_102452_R.jpg

2017-06-23_102846_Rrt.jpg 2017-06-23_102519_R.jpg

2017-06-23_104053_R.jpg 2017-06-23_103955_R.jpg

2017-06-23_103833_R.jpg 2017-06-23_103758_R.jpg

この後八ッ場ダムを見に行こうと思っていたのですが、妻の体調も良くない様なので予定を変更して帰る事にしました。次に四万を訪れるのは秋刀魚の季節かな…
~終わり

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

四万温泉・長静館 2017年6月(2)~到着から夕食編

榛名山からK28を北へ、岩櫃山の麓でR145に右折、中之条からいつものR353へ
15時ぴったりに長静館に到着

けっこー楽しみにしているフロントの飾りは夏バージョン
2017-06-23_095837_R.jpg

部屋は前回と同じ『もみじ』 窓からの景色は新緑から深緑に変わった辺り
2017-06-22_150605_R.jpg 2017-06-22_150734_R.jpg

2017-06-22_150821_R.jpg 2017-06-22_153705_R.jpg

8回目の宿泊にして初めて使った内線電話。ダイヤルを廻すという行為をしたのは何年ぶりだろう?
2017-06-22_154246_R.jpg

さてと、早速温泉に入りましょうか
実はこの日の宿泊客は我々夫婦だけ、すなわち全館貸し切りw
お風呂も好きなタイミングで貸し切り利用できちゃうというワンダホーなパラダイス状態ww

滅多にない機会ですからね、禁断の女湯を覗いてみましょうww
2017-06-22_160312_R.jpg 2017-06-22_160549_R.jpg

洗い場は男湯より使い易そうですね
露天は無いものの、大きな窓で眺望は悪くない感じです
2017-06-22_160619_R.jpg 2017-06-22_160610_R.jpg

とりあえず男湯へ
2017-06-22_161003_R.jpg 2017-06-22_161024_R.jpg

そして貸し切り露天へ
相変わらずのちょっと熱め、緑の中の素晴らしいロケーションと川の音がまたイイのよ
2017-06-22_173239_R.jpg 2017-06-22_173657_R.jpg


18時から夕食、広い食事処に一組だけだとやはりちょっと寂しい感じ
いつものスパークリングワインを注文したけど、スパークリングワインって味にブレが有るものなのでしょうか?
前回よりも美味い…まぁ気のせい・私の舌の調子のせいなのかも知れませんが…
2017-06-22_180319_R.jpg 2017-06-22_180518_R.jpg

最初の一皿はアスパラのムース、食べてみたかった料理です
上等なアスパラの持つトウモロコシにも似た香りと甘さ。想像以上、アスパラのシーズンに間に合って良かった
2017-06-22_180635_R.jpg

見た目も美しい野菜の一皿
これは水芭蕉に見立てて有るのかな?
2017-06-22_181344_R.jpg 2017-06-22_181402_R.jpg

初めてのメニュー『牛すじのスープ仕立て』~コラーゲンたっぷり
ウチを含めこの宿の客層はコラーゲンが必要なお年頃だもんねw
スープが濃厚でパンを浸して食べると旨~い
2017-06-22_183636_R.jpg

始まったばかりの夏メニュー『鮎のテリーヌ』、きゅうりのソースが洒落ています
2017-06-22_184851_Rrt.jpg 2017-06-22_185018_Rrt.jpg

今宵のミニどんぶりはサーロイン
2017-06-22_190342_R.jpg

やまと豚のコンフィ
すごく大盛りに見えますが然もありなん、2人分ですw
風邪をひいていた妻はだんだんと調子が悪くなってきてギブアップ
それじゃ私が頂きましょうと気軽に言っちゃったらすごいボリュームだったとww
2017-06-22_191110_R.jpg

食事は新作、和風サンラータンメン
酸っぱ辛い汁に一口大にまとめて焼き付けた素麺
南シェフ、いろんなアイデアを出してきますねぇ
2017-06-22_193035_R.jpg

デザートは翌朝に廻してもらいました。

ご馳走さま、新作も有って楽しめました。
妻の調子が悪かったのは残念でしたが、彼女って”遠足の日に熱を出しちゃう”みたいなところが有るんだよなぁ…

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる