四万温泉・長静館2018年11月(3)~復路編

四万温泉を後にR145を草津方面に
2018-11-12_104251_R.jpg 2018-11-12_104751_R.jpg

道の駅 八ッ場ふるさと館に立ち寄ると、平日の朝と言うのにけっこーな混雑ぶり。ここでリンゴと野菜を購入
2018-11-12_110427_R.jpg 2018-11-12_111045_R.jpg

道の駅裏手の橋の上から…
2018-11-12_111550.jpg

色々と有ったダムだけど、完成してここが湖になった時それはそれで綺麗だろうなぁ…
2018-11-12_110525_R.jpg 2018-11-12_111635_R.jpg
2018-11-12_111908_R.jpg 2018-11-12_111657_R.jpg

再びR145を西に向かい長野原からR146で軽井沢方面へ
2018-11-12_113339_R.jpg 2018-11-12_114433_R.jpg

北軽井沢の蕎麦屋『みのり』で昼食。石臼が廻ってそば粉を挽いています。
2018-11-12_120605_R.jpg 2018-11-12_120759_R.jpg
2018-11-12_120904_R.jpg 2018-11-12_120912_R.jpg

このくるみ蕎麦を食べに来ました。くるみを擂りながら蕎麦を待ちます…ん、いい香り
2018-11-12_121014_R.jpg 2018-11-12_121510_R.jpg

細打ちの蕎麦で盛りは多め。野菜天ぷらは一皿を二人で分けてちょうど良い位の量…満足、満腹
2018-11-12_121531_R.jpg 2018-11-12_121348_R.jpg

さらに浅間山の見え隠れするR146を南下して軽井沢へ、途中の中軽井沢付近の星野リゾートの施設は大勢の人で賑わっていました。このルート休日は渋滞必至ですな…
2018-11-12_125231_R.jpg 2018-11-12_131202_R.jpg

軽井沢は華麗にスルーして碓氷峠旧道をパドルシフトを駆使して走っていきます。「峠を攻める」なんて気は毛頭ありませんが、その昔マニュアル車で運転を覚えたおっさんはオートマ任せだと何となく怖いのですw
2018-11-12_131600_R.jpg 2018-11-12_131909_R.jpg

信越本線の遺構「熊ノ平駅」。廃線跡に沿って遊歩道が整備されていて、めがね橋を通って横川まで続いている様です。
2018-11-12_132900_R.jpg 2018-11-12_134237_R.jpg

良い『廃』っぷりですな
2018-11-12_133819_R.jpg 2018-11-12_134336_R.jpg

2018-11-12_133309_R.jpg 2018-11-12_134135_R.jpg

再び車で移動してめがね橋へ。何故か夫婦そろって気に入ってしまい、今年3回目の訪問ですw
2018-11-12_144429_R.jpg 2018-11-12_140456_R.jpg
2018-11-12_140612_R.jpg 2018-11-12_144233_R.jpg

下の写真は横川の方を向いていますが、回れ右して軽井沢方向に歩いてみる事にしました。窓や天窓の有る変わった造りのトンネルを歩いて行き…
2018-11-12_141030_R.jpg 2018-11-12_142040_R.jpg

結構長いトンネルで、ひょっとして熊ノ平まで続いてるんじゃ?…と不安になった頃、出口に到着
2018-11-12_142127_R.jpg 2018-11-12_142404_R.jpg

出口付近には可愛らしいレンガのアーチが有りました。
2018-11-12_142517_R.jpg

春、夏、に続いて秋のめがね橋を堪能して帰途につきました。
帰りは、上信越道→関越→圏央→東北道と至ってノーマルなルートw渋滞も無く順調。走行距離432km、燃費計19.7km/lでした。

DSC_0431_R.jpg

~お終い

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

四万温泉・長静館 2018年11月(2)~食事編

長静館12回目の夕食
食堂には我々を含め夫婦と思しき3組、皆さんリピーター風。陣取ったのは久し振りに窓側厨房寄りのテーブル。

ドリンクメニューが新調されてワインの掲載数が増えていました。スパークリングワインだけでも写真の通り。
2018-11-11_180538_R.jpg 2018-11-11_180608_R.jpg

お品書き。飲み物はヴィジエガのロゼを頼んでみました…白よりも少し味わいが濃くて飲み応えが有る感じ。
2018-11-11_180445_R.jpg 2018-11-11_181146_R.jpg

スパイシーなスープとチーズの香るキッシュからスタート。そしてここでしか食べられない野菜の御馳走。
2018-11-11_181620_R.jpg 2018-11-11_182936_R.jpg

アヒージョはスモークした帆立とイトヨリ入り。後からパンを持って来てくれたので上品なスープを残さず楽しめました。
2018-11-11_185031_R.jpg 2018-11-11_185813_R.jpg

四種類の秋刀魚…燻製、テリーヌ、酢〆、焼き物…これぞ長静館の秋
2018-11-11_190951_R.jpg 2018-11-11_191000_R.jpg
2018-11-11_191005_R.jpg 2018-11-11_191012_R.jpg

で、熱燗を飲んじゃうw 定番のおしのぎミニサーロイン丼は何度食べても飽きる事は有りません
2018-11-11_191059_R.jpg 2018-11-11_193017_R.jpg

例によって柔らかーく仕上げた豚肉。リンゴのソースも季節を感じられて良いですねえ。〆は細打ちのうどん。
2018-11-11_194042_R.jpg 2018-11-11_200040_R.jpg

氷菓子何だったっけ? 最後は葡萄と洋梨入りのブランマンジェ
至福の2時間半、期待以上の満足でした
2018-11-11_201048_R.jpg 2018-11-11_202223_R.jpg


翌朝も好天。朝陽が当たるエリアがゆっくりと広がって行く様子を、露天に浸かりながらただ眺めていました。
2018-11-12_073518_R.jpg 2018-11-12_074848_R.jpg

吟味され丁寧に調理された最高の朝食。食後はラウンジでしみじみーとコーヒーを味わって…
2018-11-12_080929_R.jpg 2018-11-12_083623_R.jpg

チェックアウト、春になったらまた来ます
2018-11-12_084810_R.jpg 2018-11-12_100238_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

四万温泉・長静館 2018年11月(1)~往路編

11月中旬、四万温泉・長静館に行って来ました。12回目の宿泊になります。
季節ごとに長静館に出かけて、季節の料理と移ろう四万川の眺めを楽しむのは、もはや我が家の習慣となっています。

岩槻から東北道へ、今回は圏央道には入らず利根川を渡って北関東道を西へ
2018-11-11_102323_R.jpg 2018-11-11_103642_R.jpg
2018-11-11_103654_R.jpg 2018-11-11_105316_R.jpg

前橋南ICで降りて前橋市街へ。今回も県庁内で昼食を摂ろうと思っていたのですが、まさかの全館休業Σ(´Д`*) 手っとり早く県庁を出て最初に目についたお店に入ります。(昼食が遅くなると宿の晩御飯が食べられなくなっちゃうのでw) ランチプレート\1,080也
2018-11-11_120228_Rrt.jpg 2018-11-11_120552_R.jpg

R17→R353で四万へ。奥四万湖に立ち寄ると紅葉の見頃は過ぎてしまった様子。それでも紅葉と四万ブルーの対比を楽しめました。
2018-11-11_140634_R.jpg 2018-11-11_143528_R.jpg
2018-11-11_141205_R.jpg 2018-11-11_141345_R.jpg
2018-11-11_142729_R.jpg 2018-11-11_142745_R.jpg

15時少し前にチェックイン。緻密なミニチュア作品はお習字も女将さんが書いたものだそう。
2018-11-11_144134_R.jpg 2018-11-12_095847_R.jpg

部屋は8畳和室「つつじ」 窓から眺める四万川の景色は晩秋と初冬の境目位かな?
2018-11-11_144353_R.jpg 2018-11-11_144438_R.jpg

早速着替えてお風呂に…と、妻は持参したスウェットなんぞ着ています

私 「部屋着をわざわざ持って来たんですか?」
妻 「おウチにいるみたいにリラックス♪」

私 「おウチにいるみたいって…非日常を楽しむために来たんじゃないんですかね?」
妻 「でもとても楽チン~♪」

私 (ダメだこのBBAは…)

ちなみに私は浴衣好きです。いかにも温泉宿に来たって雰囲気出ますもん。だんだん浴衣の着こなしがサマになって来たと自負しているのですが、ただ単にお腹が出て来たって事なのかも知れませんw

2018-11-11_150812_R.jpg 2018-11-11_154316_R.jpg
2018-11-11_154135_R.jpg 2018-11-11_154152_R.jpg
2018-11-11_154356_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

南アルプス市桃の木温泉・別館山和荘(4)~おまけ 昇仙峡と本栖湖

山和荘をチェックアウトして向かったのは昇仙峡。妻は社員旅行で一度来たことが有るそうですが私は初めてです。カーナビ任せで走って行くと、またクソ狭い道に案内されます…ホントにこんな道走る必要有るの?とか思っているうちに県営駐車場に到着。
2018-10-22_103402_R.jpg 2018-10-22_105126_R.jpg

案内の人が寄って来てバスの利用を勧められます。坂道がキツいので、上流までバスで登って下りを歩いてくれば楽ですよと…助言に従って2.8km上流の仙娥滝上まで乗せてもらいました。(運賃300円也)
2018-10-22_111445_R.jpg 2018-10-22_111640_R.jpg

川沿いの遊歩道を下って行くと最初の見どころ仙娥滝
2018-10-22_112538_R.jpg 2018-10-22_112654_R.jpg
2018-10-22_112910_R.jpg 2018-10-22_113035_R.jpg

巨岩奇岩の連なる景観を堪能しました。
2018-10-22_113719_R.jpg 2018-10-22_114005_R.jpg
2018-10-22_114933_R.jpg 2018-10-22_114451_R.jpg

昇仙峡を後に針路を南へ、上九一色から精進湖を経由して
2018-10-22_134601_R.jpg 2018-10-22_135619_R.jpg

樹海を走り抜けて着いたのは本栖湖
2018-10-22_140347_R.jpg 2018-10-22_141832_R.jpg

晴天、湖越しの冠雪した富士山
2018-10-22_142614.jpg

千円札に描かれている富士山はこの本栖湖からの風景だそうで、お札を手に持って目の前の風景と見比べている人もいましたし、私もお札の構図を真似て撮ってみましたw
2018-10-22_142440_R.jpg 2018-10-22_143918_R.jpg

さて、いつまでもこの風景を眺めていたい所ですが帰らない訳にも行きませんw
せっかく山梨に来たので何か果物を買って帰りたかったのですが、途中の道の駅には柿くらいしかなかったので一袋だけ購入。今回は山道・峠道はすでに十分走ってお腹一杯なので、中央道・河口湖IC→圏央道と退屈だけど楽な道を使って帰宅しました。

走行距離462km、燃費計18.5km/l 涼しくなってエアコンの負荷が減ったせいか燃費が良くなってきました。
2018-10-22_182737_R.jpg

~お終い

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

南アルプス市桃の木温泉・別館山和荘(3)~食事編

別館山和荘の夕食は18時から食事処で。大広間にゆったりとテーブルが配置されています。
この日の宿泊客はウチを含めて4組の夫婦の様でした。
2018-10-21_180111_R.jpg 2018-10-21_180318_R.jpg

献立とドリンクメニュー
2018-10-21_180343_R.jpg 2018-10-21_232428_R.jpg

『風林火山』を…スッキリ系だけど純米らしい味わいも有って良いですな
2018-10-21_180324_R.jpg 2018-10-21_180659_R.jpg

キノコ4連発w どれも肴になります
2018-10-21_180954_R.jpg 2018-10-21_180959_R.jpg
2018-10-21_180947_R.jpg 2018-10-21_180942_R.jpg

初めて食べたタニシはふつーに貝の味で旨い、そしてウチ夫婦の間で物議を醸した”イワタケ” (右側の黒いヤツ)苔の仲間だそうで言われてみれば確かに苔臭い様なw…後で検索して調べてみると、採取が大変で貴重な食材みたいです。珍味では有りました。
2018-10-21_180318rt.jpg

苦みの効いたコシアブラの乗った手作り豆腐と地物松茸入りの蕎麦(手打ち感満載w)
2018-10-21_183627_R.jpg 2018-10-21_181903_R.jpg

地魚?も美味い
2018-10-21_181005_R.jpg 2018-10-21_184448_R.jpg

鹿肉ハンバーグは意外とクセの無い肉で美味しかった。
塩味で仕立てたほうとうも○(マル)
2018-10-21_183044_R.jpg 2018-10-21_184346_R.jpg

シメは黒米入りのご飯とクリタケの味噌汁。デザートはスモモの乗ったアイスと信玄餅
2018-10-21_185936_R.jpg 2018-10-21_191023_R.jpg

ご当地の食材や郷土料理でもてなしたいと言う若女将の?気持ちが伝わってくる夕食でした。

翌朝…部屋の窓からお猿さんを眺めたりしているうちに朝食の時間
2018-10-22_074216_R.jpg 2018-10-22_074147_R.jpg

8時に食事処へ、焼き魚は鮎の燻製でした。こういうちょっと変わったモノが出てくると嬉しい訳で…飯のオカズより酒のアテにしたい種類の美味しさw
2018-10-22_075933_R.jpg 2018-10-22_080714_R.jpg

今回は『日本秘湯を守る会』のWEBからの申し込みで
【タイムセール】基本プラン@13,350-(消費税込み)
掛け流しの湯量豊富で気持ちの良い温泉が気に入った宿でした。

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる