伊豆船原温泉・骨董旅館ゲストハウス開耶(さくや)3~朝食とおまけ編

開耶の朝食は8時から夕食と同じ場所で、オーソドックスな旅館の朝食です。

2017-12-19_080212_R.jpg 2017-12-19_080553_R.jpg

手作り豆腐と野菜のグリル
2017-12-19_080620_R.jpg 2017-12-19_081259_R.jpg

骨董?のカップでコーヒーを
2017-12-19_084027_R.jpg 2017-12-19_084007_R.jpg

朝食の後、もう一度部屋の温泉を楽しんでからチェックアウトの準備を済ますと、ちょうどいいタイミングで若いスタッフが部屋に来て荷物を運んでくれました。この宿、気の利いた手厚い感じの接客をしてくれます。 

10時ちょうどに支配人と若いスタッフに見送られてチェックアウト。
今回の支払いは、諸税・飲み物込みの2人分の総額で\43,120-でした。

宿を出た後は西伊豆スカイラインへ。天候に恵まれて富士山が綺麗です。
2017-12-19_104111_R.jpg 2017-12-19_104326_R.jpg
2017-12-19_104900_R.jpg 2017-12-19_104841_R.jpg

支配人オススメのだるま山レストハウスより、駿河湾越しの富士山
2017-12-19_110105rt.jpg

そして三島大社へ
2017-12-19_120406_R.jpg 2017-12-19_121037_R.jpg

毎回引いている縁起物付のおみくじ、今回はかえるでした。旅の終盤に「無事かえる」は縁起がいいですねw
2017-12-19_121117_R.jpg 2017-12-19_121401_R.jpg

ランチを食べていくつもりで三島に寄ったのですがお目当ての店は臨時?休業でした。この後はいつもの小田原経由で帰途についたのでした。

~終わり

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

伊豆船原温泉・骨董旅館ゲストハウス開耶(さくや)2~夕食編

開耶(さくや)の夕食は18時から食事処で
この宿は1日最大4組の客しか受け入れておらず連日満室の様ですが、この日はウチを入れて二組だけ。
前の記事でご紹介しましたが雰囲気の有るダイニングです。テーブルはゆったり配置されている上に衝立も置かれていて他のお客さんはあまり気にならない感じです。

ダンディな感じの支配人がテーブルに来て挨拶の後、お酒の好みを聞いてくれます。このお方ソムリエで唎酒師だそうで、美味しいお酒を色々と飲ませて頂きましたw ちなみに最初の1杯分の料金で好みに合いそうなお酒を次々と勧めてくれるという実質フリードリンク、呑兵衛さん歓喜のシステムとなっています。

最初のお酒は誕生日の乾杯という事でスパークリングワインを…妻はアルコールに弱い事を言ってあったので彼女の分はアルコール度数低めの銘柄をわざわざ用意してくれました。
2017-12-18_180107_R.jpg 2017-12-18_180552_R.jpg

豆乳胡麻豆腐からコースが始まり…
2017-12-18_180136_R.jpg 2017-12-18_180335_R.jpg

お酒の進む前菜色々、見た目にも美しいですねえ
2017-12-18_181126_R.jpg 2017-12-18_181133_R.jpg 2017-12-18_181144_R.jpg 2017-12-18_181156_R.jpg
2017-12-18_181204_R.jpg

「濃い目の飲み応えの有るお酒が好き」と言う私のリクエストに、支配人が出してくれたお酒たち…
全部試させてもらいましたが、最初に飲んだせいか『きのえね』が一番印象に残っています。濃淳かつ爽やかな大好きなタイプ。
2017-12-18_182343_R.jpg 2017-12-18_182421_R.jpg

もんのすごく美味しかった養老蒸し。料理長は京料理の人だそうで、上品で素晴らしい出汁が効いていてこれぞプロの料理
2017-12-18_182505_R.jpg

お造りは〆鯖、金目、鯛、鰤、どれも吟味した良い魚を使っています。特に私の大好物〆鯖はごく軽めの〆加減で絶品
2017-12-18_183514_R.jpg

椀物は鰯のつみれ、出汁が良いのは言わずもがな
2017-12-18_183828_R.jpg

南瓜の饅頭?餡かけ。
2017-12-18_184451_R.jpg

写真を見返すとこの辺で『醸し人九平次』を飲んでいたらしい…美味かったのは間違いないけど良く覚えていないのはもったいないねえww
2017-12-18_184410_R.jpg

箸休めのサラダだそう、ライムを絞って
2017-12-18_185134_R.jpg

『鍋島』(特別純米)も美味かったけど味のディテールは失念
2017-12-18_185840_R.jpg

こんなのは如何?と純米吟醸も出してくれました。吟醸らしくすっきりとフルーティー。これは支配人と話しながら飲んだので記憶に残っていますw
2017-12-18_190241_R.jpg

牡蠣のグラタンと鰆の西京焼きだったかな?
1515828667790.jpg

「奥様にも何かお作りしましょう」と出してくれた、美しいグラデーションのカクテル(ノンアルコール)
「本日は良いワインを開栓しましたので良かったら…」と、何やら貴重なモノらしいワインを勧めてくれたけど、私に飲ませるのは勿体なかったんじゃないかなぁwwもちろん銘柄とか説明してくれる訳ですが私にとってはほぼ”呪文”だしww上品でまろやかな舌触りだけは理解しましたが…
2017-12-18_190949_R.jpg 2017-12-18_192444_R.jpg

最後の料理は豚肉の鍋、そしてこの鍋の出汁で〆の出汁茶漬けを頂きます
2017-12-18_192428_R.jpg

この三千盛は透明感の有る硬質な口当たりを感じたけど、ラベルの写真を見直したら辛口の大吟醸だったのね…納得
2017-12-18_193518_R.jpg

出汁茶漬けのセッティングと完成写真(妻のスマホより拝借w)
2017-12-18_194040_R.jpg 1515828683177.jpg

ここでサプライズ、誕生日のお祝いにお花を頂戴してしまいました。妻は恐縮しつつも大喜びです。
2017-12-18_192942_R.jpg

デザートのパンナコッタとコーヒー。コーヒーは3種類の銘柄から選べました。
2017-12-18_195609_R.jpg 2017-12-18_200432_R.jpg

料理の味、品数、お酒ww、全て大満足の夕食でした。

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

伊豆船原温泉・骨董旅館ゲストハウス開耶(さくや)1~館内編

本日のお宿は、船原温泉『骨董旅館ゲストハウス開耶(さくや)』
この日は妻の誕生日なので、じゃらんのクチコミや個人ブログでの評価が高く、特に料理が美味しそうなのに惹かれてこの宿を予約しました。

吉奈温泉・東府やからは意外と近くて予定の14時よりだいぶ早く着いてしまいましたが、スタッフがすでに駐車場で待機していて出迎えてくれました。

庭の巨木は樹齢300年の山桜だそう
2017-12-18_141446_R.jpg 2017-12-18_141623_R.jpg

玄関を入るとフロント、その奥がラウンジ…と言うよりもダイニングかな?食事はここで頂きます。
2017-12-18_141658_R.jpg 2017-12-18_141707_R.jpg
2017-12-18_141748_R.jpg 2017-12-18_141757_R.jpg

”骨董の宿”だけ有って随所に飾られていたり、あるいは実用に供されていたり…
2017-12-18_141816_R.jpg 2017-12-18_141824_R.jpg
2017-12-18_141858_R.jpg 2017-12-18_141911_R.jpg
2017-12-18_141843_R.jpg 2017-12-18_141728_R.jpg

こんなのも↓
2017-12-18_141738_Rrt.jpg 2017-12-18_141832_R.jpg


予約した部屋はメゾネットタイプの洋室で露天風呂が付いたタイプです。
広々としたリビングにに大き目のソファが有って居心地良いです。この設えは妻もお気に召した様で良かった良かったw
冷蔵庫の中には無料のお茶とミネラルウォーターが入っていました。
2017-12-18_140651_R.jpg 2017-12-18_140154_Rrt.jpg

さっそく寛ぐお方と、暖かい季節だったら気持ちの良さそうなウッドデッキ(喫煙可)
2017-12-18_142024_R.jpg 2017-12-18_142114_R.jpg

階段を数段上がって寝室。リビングと吹き抜け?で繋がっていたりして凝った造りになっています。
ベッドには電気毛布が敷いて有って暖かく眠れました。
2017-12-18_135952_R.jpg 2017-12-18_143529_R.jpg

洗面所とその奥に有る内風呂(温泉じゃないので使わず)、窓の向こうには露天風呂
2017-12-18_140255_R.jpg 2017-12-18_140324_R.jpg

この部屋付きの露天が源泉(加温かも?)掛け流しでお湯は1番良かった。源泉がチョロチョロしか出ないので温度調節が難しかったのが残念だったところ。
2017-12-18_140807_R.jpg

この宿には大浴場は無く、貸し切り風呂は檜の内風呂と石造りの露天が一つずつ、予約不要で空いていれば内鍵を掛けて使用できます。
先ずは内風呂に入ろうと浴場に向かうと、ありゃ、入り口のランプが点灯してる…これは使用中のサインなので露天の方に入ることにしましょう。

脱衣所、マッサージチェアも有ります
2017-12-18_144306_R.jpg 2017-12-18_144317_R.jpg

広々とした浴槽は4人入っても余裕かな、一部が浅く寝湯になっていて、ぬるめのお湯と相まってのんびりと浸かっていられます。少しだけ塩素臭がしたのが惜しい所
2017-12-18_144124_R.jpg 2017-12-18_144147_R.jpg

露天の洗い場と温泉分析書
2017-12-18_144443_R.jpg 2017-12-18_150330_R.jpg
2017-12-18_150352_R.jpg 2017-12-18_150415_R.jpg

今度は内湯へ、ここにもマッサージチェア有り
2017-12-18_152131_R.jpg 2017-12-18_152053_R.jpg

広々とした浴室です。2面に大きな窓が有って、開け放てば半露天風にもなりそうです。檜の浴槽を新調したばかりだそうで良い香りがしていました。
2017-12-18_154541_R.jpg 2017-12-18_154527_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

修善寺散歩

2017年12月下旬の伊豆2泊旅行の続き(2日目)です。

神代の湯をチェックアウトして修善寺に向かいます。次の宿のチェックインまでの時間潰しを兼ねた観光にちょうど良い距離だったのですw風情ある温泉街に遊歩道が綺麗に整備されています。まだ紅葉も残っていました。
2017-12-18_103551_R.jpg 2017-12-18_103627_R.jpg
2017-12-18_103644_R.jpg 2017-12-18_103727_R.jpg

有名な竹林の小径です。とても良い雰囲気ですが竹林部分はほんの短い区間でしたw
2017-12-18_103852_R.jpg 2017-12-18_103949_R.jpg

2017-12-18_104308_R.jpg 2017-12-18_110738_R.jpg

修禅寺
2017-12-18_110838_R.jpg 2017-12-18_111008_R.jpg
2017-12-18_111303_R.jpg 2017-12-18_111530_R.jpg

さすが温泉街、この手水舎の龍の口から出ているのは温泉です
2017-12-18_111214_R.jpg 2017-12-18_111205_R.jpg

修禅寺の看板娘?
2017-12-18_112022_R.jpg 2017-12-18_111907_R.jpg

指月殿
2017-12-18_113220_R.jpg 2017-12-18_113240_R.jpg

日枝神社
2017-12-18_115351_R.jpg 2017-12-18_114903_R.jpg

修禅寺、初めて訪れましたが、しっとりとした風情のある街でした。
修禅寺を後にしてR136を南下、吉奈温泉の東府やのベーカリーへ。相変わらず足湯テラスは大人気の様子でしたが、寒かったので私達は店内の席でw相変わらずぼったくり高級路線のパンを頂きました。場所代・雰囲気代込みの値段だって事は分かっていますので文句が有る訳では有りませんw 今宵の宿の夕食がボリュームたっぷりらしいので軽めの昼食です。
2017-12-18_131745_R.jpg 2017-12-18_125223_R.jpg
2017-12-18_124444_Rrt.jpg 2017-12-18_124629_Rrt.jpg

この後、船原温泉へ…初めての宿に向かいます~

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

中伊豆梅木温泉・神代の湯 2017年12月~また行っちゃったよの巻

2017年12月の下旬、伊豆へ2泊旅行に行って来ました。

元々は別の旅館への1泊旅行の計画でしたが(個人的な)連休だったので、「どうせ伊豆に行くならついでに泊まっちゃえ」と神代の湯での1泊を追加しました。11月にも宿泊したばかりですが、ここのお湯とミストサウナが夫婦ともにお気に入りですし、料金が安いことも有って3回目の宿泊となりましたw

今回はとにかく温泉を満喫しようと、寄り道も程々に14時ちょっとに到着。フロントに声を掛けると、「今日は撫子のお部屋です」と鍵を渡されて所要時間2秒でチェックイン完了ww先月にも来たばかりとあって説明も要りませんw

という訳で部屋や館内の様子に興味のある方は前回の記事をご覧下さい
■前回の宿泊記へのリンク

早速、貸し切り風呂に始まって大浴場のミストサウナ、露天、内湯とハシゴ風呂w
今回は気温が低いせいか、露天が体感39~40℃位のぬる目でだらだらと長湯を楽しめました。
2017-12-17_153454_R.jpg 2017-12-17_153636_R.jpg

夕食は食堂で
2017-12-17_180040_R.jpg 2017-12-17_180054_R.jpg

ドリンクメニュー
2017-12-17_180132_R.jpg 2017-12-17_180126_R.jpg

日本酒はこちら
最初に頼んだ『東の麓』は悪くなかったけど印象が薄い感じ。その後飲んだどぶろくは甘口でお米の粒が残っているタイプ
2017-12-17_180433_R.jpg 2017-12-17_180758_R.jpg

妻は甘酒を飲んでいました。美味しかったそうです。
2017-12-17_180744_R.jpg

ゴマの効いた蓮根の餅?と面白い味のするジャガイモとセロリの酢の物
2017-12-17_180352_R.jpg 2017-12-17_180528_R.jpg

2017-12-17_180421_R.jpg 2017-12-17_180400_R.jpg
2017-12-17_180405_R.jpg 2017-12-17_180414_R.jpg
2017-12-17_180713_R.jpg 2017-12-17_190654_R.jpg

寝る前にも、もちろん温泉へ、別棟の大浴場へ続く橋がイルミネーション風に輝いていました。
2017-12-17_214622_R.jpg 2017-12-18_071418_R.jpg

イルミネーションの正体はレーザー投光器、優れモノですなw
2017-12-18_071448_R.jpg

この日は宿泊客が多かったせいか廊下や隣室の物音や声が少し気になりましたが、夜中は大浴場が閉まっていることも有って静かなものでした。

起きて朝風呂に行ったら朝食
2017-12-18_080356_R.jpg 2017-12-18_080403_R.jpg

たっぷりと温泉を楽しみました。
この宿は連泊の方も多い様で、山の中の一軒宿に連泊して温泉と静けさを楽しむなんてのも良いかな、とか思ったりもしましたw

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる