南房総・網元の宿ろくやへ(4)~帰路偏

ろくやをチェックアウトして向かったのが、”渚の駅”たてやま
まずはさかなクンギャラリーを見学
2016-01-26_104703_R.jpg

さかなクンの絵は魚への愛が溢れてますね
「魚は見るのも食べるのも好き」だそうで、大いに共感します
2016-01-26_105049_R.jpg 2016-01-26_105142_R.jpg

古い漁船や漁具を展示した博物館も有ります
2016-01-26_105508_R.jpg 2016-01-26_105820_R.jpg

さらにミニ水族館も
2016-01-26_113217_R.jpg

外に出ると長大な桟橋が有って釣りもできます
妻との旅行なので遠慮しているのですが、たまには竿を出したいなぁ…足元に魚見えてるし
2016-01-26_111457_R.jpg 2016-01-26_111642_R.jpg
2016-01-26_111651_R.jpg 2016-01-26_112330_R.jpg

ろくやでもらったサービス券をびわソフトに引き換えて一休み
2016-01-26_113827_R.jpg

広大な花畑を持つ道の駅「おおつの里」
種類が豊富で価格も安い切り花を購入
2016-01-26_123019_R.jpg 2016-01-26_122055_R.jpg
2016-01-26_121645_R.jpg 2016-01-26_121632_R.jpg

まだ帰るには時間が早かったので、浮世絵でも見ていきましょうかと
道の駅鋸南に併設の「菱川師宣記念館」へ
2016-01-26_134456_R.jpg
館内の作品はさすがに撮影禁止でしたので
庭に有った、代表作(?)見返り美人の銅像の写真だけどうぞぉ
2016-01-26_134027_R.jpg 2016-01-26_133959_R.jpg

と、こんな感じで房総の旅は終了~

南房総・網元の宿ろくやへ(3)~食事編

夕食は18時からお願いしました。
食事処は居酒屋風の半個室で周りの声は結構聞こえてきます。
2016-01-25_180122R.jpg

私の好きなハートランドが有ったので注文、小瓶¥610、妻はピーチスカッシュ¥486 也
2016-01-25_180324_R.jpg

本日のお品書き
2016-01-26_075151_R.jpg

先附…良い出汁にイクラの塩気が効いています
2016-01-25_180427_R.jpg

船盛り登場、乗員名簿(お魚リスト)が付いて来るのは気が利いてますね
皮を炙ったイサキは良い香りでした。カンパチは今まで食べたカンパチの中で一番旨味が濃かったです。
2016-01-25_180854_R.jpg 2016-01-26_075216_R.jpg
伊勢海老はヒゲを動かして新鮮さをアピールしていました…
私、姿造りはアリだと思うのですが、活き造りは悪趣味に思えちゃう訳で…

利き酒セット¥1150×2
不動の大吟醸原酒が濃淳かつ爽やかでお気に入り。町田酒造のやつは炭酸ぽい不思議な味がしたな…
2016-01-25_182528_R.jpg 2016-01-25_185044_R.jpg

アワビ焼けた…モノが良いのか焼き方(蒸し焼き)が良いのかふっくら柔らか
2016-01-25_182641_R.jpg

八寸と焼き物
柿の種をまぶして揚げたというエビはサクサクでシッポまで食べちゃった。嶺岡豆腐は白子っぽい濃厚さ
2016-01-25_183129_R.jpg 2016-01-25_184848_R.jpg

煮魚は鰤大根
美味しかったけどコレは普通、なんか平凡
2016-01-25_190129_R.jpg

石焼き鍋と、とろろご飯
よそ様のブログ等を見るとボリュームたっぷりで食べ切れないかな?と思っていましたが
意外とちょうど良い感じです。煮魚の替わりに選択メニューのマグロ兜焼を頼んでも良かったかな?
2016-01-25_190730_R.jpg 2016-01-25_190722_R.jpg

この日デザートは2種類からの選択でした
私は熱々の焼リンゴとアイスクリーム、妻はかぼちゃプリン
どちらもていねいに手作りしている感じで美味しかったです
2016-01-25_193003_R.jpg 2016-01-25_193013_R.jpg

アサー!(©谷岡ヤスジ)
2016-01-26_073504_R.jpg

朝食は昨夜と同じ席で、私達は8時からお願いしました
2016-01-26_080333_R.jpg 2016-01-26_080250_R.jpg 
2016-01-26_080232_R.jpg 2016-01-26_081012_R.jpg

魚はエボダイを選択、伊勢海老のみそ汁ウマ!
おかずが豊富でご飯をセーブするのが辛いという贅沢な朝食
納豆と卵は自制しました、手を出すと3膳メシになってしまいますのでw
2016-01-26_080529_R.jpg 2016-01-26_080512_R.jpg

ミルクプリンの後はラウンジに移動してセルフサービスのコーヒーを頂きました
2016-01-26_083453_R.jpg

今回の『豪快グルメプラン』は、ろくやHPより申し込んで
1人¥15,800-(消費税込み)でした。

お湯だけはちょっと物足らなかったのですが、それ以外はとても良いです。
夫婦そろってお気に入りの宿が一軒増えました。
今後房総方面に出かける時の宿選びでは有力候補になると思います。

~ろくや宿泊記はお終い、房総旅行は続く

南房総・網元の宿ろくやへ(2)~到着編

ろくやのチェックインは15時ですが、5分ほど前に到着
そっけない外観です
2016-01-25_165428_R.jpg

門をくぐった所から玄関へと続く通路、この辺は雰囲気出してます
2016-01-25_165359_R.jpg 2016-01-25_165341_R.jpg

すぐにラウンジに案内されてチェックインと食事の時間・貸し切り風呂の予約などをします
このラウンジにはコーヒー、冷水などが用意されていてセルフサービスで自由に利用できます
コーヒー好きの私達にはうれしいサービスです
2016-01-25_145847_R.jpg 2016-01-25_145835_R.jpg

部屋までの案内は無く、鍵を受け取ったら自分たちで荷物を持って2階へ
213号室「磯」
12畳ほどの和室と小上がりベッドの部屋です。布団は2枚重ねで寝心地は良かったです
窓際のロッキングチェア、座り心地は良かったのですが1脚しかないので取り合いに…w
2016-01-25_150808_R.jpg 2016-01-25_172858_R.jpg

水回りと窓からの眺め
2016-01-25_150947_R.jpg 2016-01-25_151904_R.jpg

パティシエ手作りのお菓子も用意されています
2016-01-25_151258_R.jpg

15:50~貸し切り風呂「八竹の癒し」へ
40分間の予約制ですが、翌朝は予約不要の貸し切りとなります
4人位でゆったり入れそうな大きな浴槽、窓をすべて開放すると露天風でいい感じです。

浴室の雰囲気作りは申し分ないのですが、惜しむらくはお湯が負けています…
加水・加温・循環・塩素消毒のフルセットなのは知っていましたが、
ちょっと薄いというかチカラがないというか…塩素臭も少しあったし…
2016-01-25_155118_R.jpg 2016-01-25_161159_R.jpg
2016-01-25_162551_R.jpg

夕食後に入った「檜の湯」
2人用かな?半露天風でここも良い雰囲気です
2016-01-25_205940_R.jpg 2016-01-25_210019_R.jpg

翌朝は貸し切りの「土の癒し」に入ってみたかったのですが使用中だったため再び「八竹の癒し」へ
他に貸し切りの「陶の湯」、さらに男女別大浴場も有るのですが入り損ねました

夕食前に岩井海岸を散策、宿から徒歩1~2分
2016-01-25_165612_t.jpg 2016-01-25_165822_R.jpg
2016-01-25_171444_R.jpg 2016-01-25_170403_R.jpg


~続く
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる