南房総・網元の宿ろくやへ(1)~往路編

南房総は、温暖で花もたくさん咲いていて春を先取りする感じが良いですね。
ついでに旨い魚を食べてこようと南房総市の”網元の宿ろくや”に1月下旬行って来ました。

首都高からアクアラインに乗り海ほたるへ。ここから眺める景色をとても楽しみにしていましたが、
幸運にも天候に恵まれ、雪を頂いた富士山を拝むことが出来ました。
写真右下の方に横浜のランドマークタワーやベイブリッジも見えています。
2016-01-25_103851_R.jpg
2016-01-25_103207_R.jpg

アクアブリッジを渡り、館山道を南下して
2016-01-25_110827_R.jpg

立ち寄ったのは去年暮れにオープンしたばかりの道の駅「保田小学校
廃校になった小学校の校舎を利用しています。特産品売り場は元体育館
2016-01-25_123511_R.jpg 2016-01-25_123446_R.jpg

校舎の1階は食堂など、2階は教室に宿泊出来る様になっています
2016-01-25_124805_R.jpg 2016-01-25_124046_R.jpg

ここの『里山食堂』で昼食にしようと思っていたのですが、まさかの臨時休業
並びに有る『3年B組』なる中華の店へ
豊富とは言えないメニューから油淋鶏定食1080円也を注文、まあ普通
2016-01-25_123633_R.jpg 2016-01-25_120308_R.jpg

次に向かったのは鋸山 日本寺
日本寺へ車で行くには有料の”鋸山登山自動車道”と無料の”鋸山観光自動車道”が有りますが
当然、無料の方へww(大仏はこっちのほうが近いし)
有料道路の方には立派な看板が有りますが無料の方は道路の入り口が分かりにくくて
一度通り過ぎてしまいましたがUターンして何とか到着
2016-01-25_132054_R.jpg 2016-01-25_132135_R.jpg

ジャーン!と現れた大仏様。大っきい…近くから見上げると不思議な感動が有ります
2016-01-25_132420_R.jpg 

大仏広場から山頂の展望台を目指します。
けっこう歩くとは聞いていたのですが、延々と続く急な石段は想定外でした…
この日は寒波到来とかで気温は低かったと思いますが、汗だくになって登って行きます。
後で気が付きましたが道中の写真を1枚も撮っていませんでした。それほど余裕がなかったのです。

で、やっと山頂に到着、大変な思いをして登ってきた甲斐のある絶景です。
2016-01-25_134903_R.jpg 2016-01-25_134957_R.jpg

そしてここからも…/^o^\フッジッサーン
2016-01-25_134943_R.jpg

”地獄覗き”に立つ、冬なのに汗まみれのオジサンは私ですww
2016-01-25_135525_R.jpg 2016-01-25_135238_R.jpg

山頂から少し下って下から見上げる”地獄覗き”
そして崖に囲まれた静謐な空間に佇む”百尺観音”
この場所、何か心安らかになれるような独特の空気に包まれています。

妻曰く
「大変だったけど来て良かった。もう一回来るのは考えちゃうけど…」
私もまったく同感でしたww

2016-01-25_140342_R.jpg 2016-01-25_140454_R.jpg

さて、汗もかいたし足も痛いし、宿に急いで早いとこ温泉に浸かりましょうか。

~続く

湯河原温泉へ~起雲閣他

湯河原・花長園をチェックアウトした私達は熱海に向かいます。
着いた所は”起雲閣”、大正時代にお金持ちの別荘として作られ、その後高級旅館として営業していた施設です。

門と玄関
2015-12-22_123553_R.jpg 2015-12-22_123623_R.jpg

群青色の壁はなんだか落ち着かない様な…大正時代のガラスは景色が歪んで見えます。
風情あるけど自宅のガラスがコレだったらイラッとするだろうなww
2015-12-22_112819_R.jpg 2015-12-22_112857_R.jpg

建具も凝ってます、障子の桟が竹だったりして
2015-12-22_113304_R.jpg 2015-12-22_113239_R.jpg

こちらの洋室はサンルーム部分の床がタイル張りでリビング?部分の床は寄せ木細工
2015-12-22_113630_R.jpg 2015-12-22_113620_R.jpg

ローマ風の風呂、浴室は広くてカランも3つ有ったけど一人用と思われる激狭い湯舟が2つ。
どういう使われ方だったんだろう?
2015-12-22_115456_R.jpg 2015-12-22_115547_R.jpg

お庭もキレイです
2015-12-22_122925_R.jpg

館内の喫茶店で休憩。カワイイお饅頭は紫芋の餡でとても美味しかった。
2015-12-22_121055_R.jpg 2015-12-22_121748_R.jpg

さてと、昼飯食ってお土産買って帰りますか…
私たちの定番となりつつあるパターン、小田原の”えれんなごっそ”で昼食、そして”山安”で干物
2015-12-22_133700_R.jpg 2015-12-22_134555_R.jpg
2015-12-22_140840_R.jpg 2015-12-22_142250_R.jpg

2015-12-22_144844_R.jpg

この時買ったホウボウの干物(2匹で400円也)(゚д゚)ウマー
2015-12-29_193519_R.jpg 2015-12-29_195934_R.jpg

おまけ1 : 起雲閣の駐車場で隣に駐まってたクルマ…カッコいいですなぁ
2015-12-22_123914_R.jpg

おまけ2 : この走る凸面鏡が大好きww
2015-12-22_152805_R.jpg

~湯河原温泉旅行記、お終い

湯河原温泉へ・花長園再訪(2)~食事編

湯河原温泉・花長園の続きです。
夕食は18時からお願いしました。

銀杏、洋風なめろう、小イカの酢味噌和え
2015-12-21_180623_R.jpg

あんこう鍋、良い出汁が出て美味しかったです。汁完飲
2015-12-21_181429_R.jpg

地魚盛りはマトウダイ、カワハギ、ヒラメ、サザエ、ボタンエビ、炙りカマス、マルイカ?カンパチ
季節的にカワハギ、ヒラメ辺りは予想していましたが、マトウダイとは意外でした。
ほど良い歯応えと甘味が有ってなかなか良いです。白身用にポン酢も出してくれると更にうれしかったな…
2015-12-21_181851_R.jpg 2015-12-21_181943_R.jpg

ヒラメときのこのホイル焼きと茶碗蒸し
2015-12-21_184351_R.jpg 2015-12-21_184307_R.jpg

ルーツが天ぷら屋だけあって揚げたてを出してくれます。
2015-12-21_185056_R.jpg 2015-12-21_185044_R.jpg

この日はビールと花の舞を…  そして忘れた頃に届いた果物
2015-12-21_184232_R.jpg 2015-12-21_205148_R.jpg

朝食は8時から
鯵と卵は焼きたてを運んでくれました。出汁の効いた卵がウマイ
2015-12-22_081153_R.jpg 2015-12-22_081642_R.jpg

花長園はチェックアウト11時なので、朝食後に温泉に入っても余裕が有るのが良いですね
今回の宿泊料金はじゃらんからの予約で一人@\9,980-(消費税込み、飲み物別)でした。

今回は部屋に関してはちょっとハズレ、ボロ過ぎだったかな…
それと、ギリギリの人数で運営しているらしく、人手不足感漂ってました。
まぁ安いので文句は言いません。

後、二階の部屋だったからか猫が遊びに来なかったのは残念でした、
チラッと見かけたマイケル(勝手に命名w)は元気そうでしたが…
2015-12-22_101413_R.jpg

リーズナブルに温泉と地魚を楽しめるので悪くはない宿だと思います
次回リピートするとすれば別の部屋タイプを指定しようかな…

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる