河津の温泉へ(5)~たまにはオサレな昼食

浄蓮の滝を後にR414(下田街道)を北上する私達

私「あまりお腹も空いていないし、昼食はパンで如何でしょう?」
妻「良いですね」
私「この近くに有る東府やのベーカリーがお洒落で人気が有る様なので」
妻「…豆腐屋?」

吉奈温泉に向かって、ちょっと心細い感じの県道124を行くと小さな温泉街に到着
最初に目についた駐車場に車を置いて歩いて行くと、見えて来ました
よそ様のブログやテレビで見たことのある足湯テラスです
2015-01-24_131843_R.jpg

この日は土曜日で人気の足湯テラスはほぼ満員
私達は店内のテーブルでクソ高い高級なパンを頂きました。
↓この写真の内容で2000円くらい
2015-01-24_132613_R.jpg

食事の後、敷地内を少し散策。どこを見ても、お洒落でキレイで隙が無い感じですね
機会が有れば(お金もねww)宿泊してみたいですね~
2015-01-24_135009_R.jpg2015-01-24_135347_R.jpg
2015-01-24_135153_R.jpg2015-01-24_135628_R.jpg

再び下田街道(R414)に戻って修善寺→大仁
ここから沼津に向かうルートも考えたのですが、眺望の良い伊豆スカイラインを通って帰ることにします。
雲が多くて富士山が拝めなかったのは残念でした。
2015-01-24_150047_R.jpg2015-01-24_150414_R.jpg

熱海峠を越えて箱根新道で小田原へ、
まだ干物を買っていなかったので、小田原の山安に寄り道、
このお店は冷凍物が中心ですが種類が豊富で安いです。
輸入物は産地を分かり易く表示しているのも良心的で好印象です。
2015-01-24_161805_K.jpg

庶民的な干物を買い込んで今回の旅行はお終い…
ちょっと観光を欲張りすぎて疲れましたが、
帰路は小田原厚木道路~東名~首都高と順調で2時間で帰宅できました。

河津旅行記~お終い~

河津の温泉へ(4)~復路は天城越えで

チェックアウトしたお宿を道路から振り返りますと…うん、やっぱり丸見えでしたね男風呂。
おっさんのハダカを見ちゃった近所の方・通りすがりの方、
珍妙なるモノをお見せしました事を陳謝いたします<(_ _)>
2015-01-24_103010T.jpg

んで、河津七滝の内の一つ初景滝に向かいます。
静かな遊歩道を歩いて行くと早速、踊り子(&学生さん)に遭遇。
2015-01-24_100855_R.jpg2015-01-24_102330_R.jpg

程なく初景滝に到着、再び踊り子(&学生さん)発見
2015-01-24_101810_R.jpg2015-01-24_101746_R.jpg

河津1/7滝を楽しんだ我々はループ橋をぐるぐるして下田街道を天城峠に向かいます
2015-01-24_103855_R.jpg2015-01-24_103925_R.jpg

次なる目的地は旧下田街道天城トンネルです。
車も通行可能なのですが、かなりの酷道と思われますので歩いて行く事にしました(2㎞弱)
途中、落石がゴロゴロ転がっていたり轍状の深い穴が有ったりしたので車を置いてきて正解だったかも…
2015-01-24_105142_R.jpg2015-01-24_110629_R.jpg

登り坂を30分ほど歩いて到着
トンネルを抜けて反対側まで歩いてみようと思ったのですが、真っ暗で怖すぎてあっさりと断念
2015-01-24_112848_R.jpg2015-01-24_112633_R.jpg 

帰りは山道を下ってショートカット、15分ほどで新道に戻ってこれました
2015-01-24_113121_R.jpg 2015-01-24_113141_R.jpg 2015-01-24_113715_S.jpg 

天城トンネルから車で数分の道の駅「天城越え」
わさびソフトを食し、規格外と思われる小ぶりのわさびが安かったので自宅用に買い込みました
2015-01-24_115818_R.jpg2015-01-24_115804_R.jpg

どうせ通り道ですから浄蓮の滝にも寄って…駐車場から滝まで結構歩くのは想定外でした
滝のすぐ近くにわさび田が広がっているのはご当地らしい風景ですね
2015-01-24_124033_R.jpg2015-01-24_124508_R.jpg

~つづく~


河津の温泉へ(3)~旬彩つりばし・食事

旬彩つりばしの食事編です。
部屋出しの夕食は18時からお願いしました。最初のセッティングと船盛です。
2015-01-23_180717_R.jpg2015-01-23_180659_R.jpg

色々と気前よく出してくれます
2015-01-23_180803_R.jpg2015-01-23_180749_R.jpg2015-01-23_180736_R.jpg2015-01-23_180901_R.jpg

後から運んでくれたブリしゃぶと鯛の塩釜です…すごく大きいです…
つい煙草の箱を置いちゃうのは釣り師の習性でしょうか?w
宿の人曰く、「手頃な鯛が入手できなかったんでデカいの焼いちゃいましたぁ(笑)」 だそうです。
2015-01-23_190315_R.jpg2015-01-23_190341_R.jpg

初めて食べた塩釜はふっくらと焼けた身に程良い塩気がしみ込んでいて、
とても美味しかったのですがさすがに食べ切れませんでした。

デザートの抹茶アイスは撮り忘れ。
「技巧を凝らした」という感じの料理は有りませんがボリュームたっぷりで、
美味しいものをたくさん食べさせたいという宿の心意気みたいなものを感じます。
私たちが料理を残すことは滅多に無いのですが、今回ばかりはギブアップしました。

船盛の主役が鯛でメイン料理?が鯛の塩釜と食材がかぶっていたりして(吸い物も鯛だった)
良くも悪くも大らかなか感じです。


朝食も部屋出しです。8時にお願いしました。
朝からデカい金目の登場です。他にも少しづつ色々なおかずが並んで満足、満腹でした。
2015-01-24_075551_R.jpg2015-01-24_075751_R.jpg

宿泊料金は一人\14,900円(消費税込み)でした。コスパ良いと思います。
次は温かい季節に露天付の部屋に泊まってみたいですね。

~つづく~

河津の温泉へ(2)~旬彩つりばし・部屋とお風呂

旬彩つりばしに到着したのが14:30頃だったので、車を置かせてもらってチェックインの15時まで河津七滝でも見てこようかと思っていたのですが、部屋の準備は出来ているのでどうぞと快く早めのチェックインをさせて頂きました。
2015-01-23_161257_R.jpg2015-01-23_161324_R.jpg

今回は厳選いい宿プランで温泉内風呂付きの部屋を予約しました。
案内されたのは1階の103号室。広縁付きの10畳で広縁の右側が浴室です。
2015-01-23_144612_R.jpg2015-01-23_144707_R.jpg

冷蔵庫の中にははビールと水のペットボトル、自己申告制。空きスペース有り。
お風呂用のカゴも用意されています。
2015-01-24_084906_R.jpg2015-01-23_144359_R.jpg

伊豆石の内風呂(温泉)付です
一人用と思われますが、斜めに入れば足が延ばせるサイズです。
2015-01-23_144809_R.jpg2015-01-23_144759_R.jpg

窓の外は清流と緑、夜はライトアップされます。
洗面所は浴室と反対の入り口側、奥のドアはトイレ(シャワートイレ)
2015-01-24_092700_R.jpg2015-01-23_172308_R.jpg

プランの特典で離れの露天風呂(抹茶風呂)の貸し切りが付いていたので早速お願いしました。
すぐ下は渓流で川の音が聞こえています。
2015-01-23_150829_R.jpg2015-01-23_152950_R.jpg

浴槽が2つ有って、小さい方は抹茶風呂で入る直前に抹茶を点てて投入してくれます。
大きい方の浴槽は1辺が2メートル位有ってゆったりと入れます。
川を眺めながらお茶の香りに包まれるこの露天風呂は期待以上に気持ちの良いものでした。
2015-01-23_151317_R.jpg2015-01-23_151449_R.jpg

離れの露天風呂を楽しんだ後は一休みしてから4階の大浴場へ
大浴場は男女別ですが、21時以降は予約不要の貸し切り(内鍵あり)になります。
露天は無く内風呂のみですが、ガラス張りの開放感のある浴室です。
2015-01-23_165206_R.jpg2015-01-23_165229_R.jpg

…ってなんか開放感有りすぎ、駐車場とか向かいの建物とか見えてるし…
もしかして外から丸見えなんじゃ? 
まあ、おっさんなのであまり気にせずに…のんびりとやわらかいお湯と景色を楽しみました。
2015-01-23_165438_R.jpg

(ちなみに女湯の方は目隠しが有ります)
~つづく~

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる