河津の温泉へ(1)~往路編

1月下旬、伊豆河津の温泉に行って来ました。
この季節は雪に降られると嫌なので、行き先が伊豆か房総になってしまいます。
そろそろスタッドレスタイヤの導入も考えねば…

いつもの首都高からスタートですが、富士山がきれいに見えてテンションUP

2015-01-23_094459_T.jpg

東名・厚木→小田原厚木道路・二宮→西湘バイパスと順調に進みます。
さらに真鶴道路→熱海ビーチラインと海辺のドライブを満喫。
2015-01-23_105600_R.jpg2015-01-23_111500_R.jpg
2015-01-23_112830_R.jpg2015-01-23_113200_R.jpg

熱海を越えてしばらく走ると、伊東サンハトヤが見えてきました。
自動的に脳内でCMソングが再生されます
♪伊東に行くならハトヤ~電話は4126(ヨイフロ)~♪
2015-01-23_115800_R.jpg2015-01-23_115830_R.jpg

3段逆スライド方式について思いを巡らせているうちに道の駅「伊東マリンタウン」に到着。
右の写真は飾ってあった魚の丸干し各種。
2015-01-23_124610_R.jpg2015-01-23_123220_R.jpg

規模の大きな施設で食事処も色々有りましたが、夕食の事も考えて昼食は軽く済ませました。
その後港を散策、海水は透明で小メジナや種類の分からない小魚が泳いでるのが見えました。

私「ここで竹の延べ竿とバケツ一つ持って日がな一日小魚を釣っていたら粋だろうねぇ」
妻「スナフキンみたいだね」
2015-01-23_124501_R.jpg

埼玉のスナフキンとその妻は伊東を後にしてさらに南を目指します。
途中、城ケ崎にちょっと寄り道。サスペンスドラマの最後に出て来そうな断崖です。
気分は船越英一郎と片平なぎさ?
2015-01-23_132456_R.jpg2015-01-23_132625_R.jpg

城ケ崎からR135に戻ります。
伊豆高原に漂うサブカル臭について考察しながらさらに南下。
熱川・稲取と進んで行き、河津で海岸沿いのR135を離れ今度は山の方に向かいます。
2015-01-23_141547_R.jpg2015-01-23_141747_R.jpg

ループ橋の下を通って河津七滝の方に進むと、
2015-01-23_142747_R.jpg2015-01-23_142947_R.jpg

本日のお宿「旬彩つり橋」に到着しました。
2015-01-23_143217_R.jpg

つづく

新デジカメ DMC-LF1 購入

防水デジカメ・ペンタックスW80を5年に渡って愛用してきました。
とてもお気に入りのカメラなのですが残念な事に画質はあまり良くありません。
明るい場所は割ときれいなのですが、暗い場所の写真はつらいものが有ります。

きれいな写真を撮れる一寸いいカメラが欲しいと思い調べると、
パナソニックのLumix DMC-LF1 が良さそうです。

【気に入った点】
・ポケットに入るコンパクトさ
・レンズバリア付
・1/1.7インチセンサー
・望遠側 200mm(相当)
・電子水準器付き
・ファインダー(EVF)付き

散歩カメラ・旅行カメラとして気軽に持って歩きたいので、
カバンやポケットに無造作に突っ込める小ささとレンズバリアは必須です。

値崩れして安くなってから買おうと思っていたのですが、
ヤフオクに新品が出ているのを発見。
冷やかしのつもりで入札したら、あっさり落札できてしまいました(^^;
2015-01-14_090001_R.jpg

小さくて薄くてなかなか良いです。シャツの胸ポケットにも何とか入ります。
つるんとしたボディで手が滑りやすいので、グリップを自作して貼り付けると持ちやすくなりました。
2015-01-20_111750_R.jpg

グリップの材料はコレw↓
2015-01-20_104414_R.jpg

ちょっと試運転…良さげな感じ
2015-01-18_072506_R.jpg
2015-01-18_164819_R.jpg

なかなか多機能でどこまで使いこなせるか分かりませんが、良いオモチャを手に入れましたw

リモコンの修理


数年間使っているテレビのリモコンの電源ボタンの調子が悪く、
思い切り力を入れて押さないと反応しなくなってしまいました。
2014-12-26_085947_R.jpg

いつか修理しようと思いながら先延ばしにしていた理由は、
このリモコン、ネジをを使わず爪でパチンと組み立てられており、
壊さないように分解するのが難しそうだったからです。

慎重に爪の位置を探りながら分解。
片面基板に電池接点を含めた電子部品がすべて集約されており、
・本体上
・スイッチ
・基板
・本体底
の順番で重ねて、ビスを使わずパチンと止める構造です。
合理的な設計ですね。勉強になります。
2014-12-26_090043_R.jpg

で、バラしてしまえば後は得意分野?
スイッチ接点部をアルコールで掃除して一丁上がり…の予定が…
再度組み立てて試運転すると、少しだけ改善されたもののやはり反応が良くありません。
2014-12-26_091323_R.jpg

どうもスイッチの導電ゴムが摩耗している様子。
他のジャンクパーツから導電ゴムを剝ぎ取って来て、移植を試みるも失敗。
ゴムキーはシリコン製なのか接着できませんでした。

仕方がないので最後の手段、
小型のタクトスイッチを埋め込むことにします。
タクトスイッチを両面テープで固定し、φ0.2mmのポリウレタン線で配線します。
ゴムキーの裏側はカッターで抉ってタクトスイッチのスペースを逃がす様にしました。
2015-01-03_181207_R.jpg

最後に配線の固定とスイッチの固定の補強を兼ねて、カプトンテープを張って出来上がり。
めんどくさかったけどその後快調に動いています。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる