釣とアレコレ

彼岸桜が咲き始めました

2
大好きな桜の季節になりました越谷市の新方川沿いの彼岸桜の様子を見に行ってみましたまだ2~3分咲き位けたたましく鳴きながら花を食い散らかす無粋な鳥(ヒヨドリかな?)手前の紅いのは寒緋桜4/3追記…1週間後満開になっていました(3/29撮影)...

紅白の梅

0
一本の木に紅白の花が咲く品種が有るんですねえ~調べてみると「すごく珍しい」って程でもないみたいです。私は初めて見ました。...

隅田川沿いを散歩

0
浅草のお客様に納品と打ち合わせ。仕事を済ませた後、好天に誘われてぶらぶらと隅田川沿いを上流に向かう。20何年か前、浅草の会社にお勤めしてた頃はここを散歩しようなんて思わなかった。水は濁ったウーロン茶みたいだったし、若くて散歩の習慣自体無かったし…今は水もきれいになったし川辺も整備されて釣師もよく見かける様になった。 ↓広大で良く手入れされた汐入公園↓対岸、首都高の向こう側には巨大な白髭東アパート堀切...

内房の温泉へ~お土産買って帰ろう編

0
佐久間ダムの河津桜を満喫した後は、道の駅「富楽里とみやま」に移動。 地元産の魚、野菜、花どれも安いです。 漁協直営の食事処も有り、なかなか繁盛しています。 ここで刺身と天ぷらの定食を注文(¥1600円) カンパチ、鮪、鯵、メダイの四点盛ですが、切り身がデカい、そしてやはり新鮮。 昨夜の宿の刺身もそうでしたが、歯応え良く生臭さを一切感じませんでした。 少し残念だったのが、ワサビは付いていたけれど鯵用の生姜が無...

内房の温泉へ~お花見編

0
金谷の「海辺の湯」をチェックアウトした我々は鋸南町の佐久間ダムに向かいます。鋸南町は桜の植樹に力を入れているらしく、そろそろ河津桜が見頃だとか。千葉の山の中のマイナー観光地で人もあまりいないだろうと思い込んでいたのですが、着いてびっくり、平日にもかかわらず大勢の人で賑わっています。観光バスも何台も来ており、駐車場の空きスペースを見つけるのも一苦労でした。ダム湖には人に慣れた(ヒトをナメ切ったともい...

内房の温泉へ~食事編

0
内房金谷の「海辺の湯」夕食です。夕食は部屋に運んでくれます。↓最初に並んだのがこんな感じ。茄子の焼浸し?、白身のなめろう、カジメ 揚物はソフトシェルクラブカワハギ(肝添え)、赤エビ?、鮪、カンパチ?、鰆 伊勢海老は別注¥2100円なり紙鍋焼き物(スズキ)と茶碗蒸しは後から熱いのを運んでくれた日本酒はこの「聖泉」という銘柄しか無かったこの後ご飯とデザートが出たのですが、食事の終盤頃になると酔いが回って来...

内房の温泉へ~夕日とお風呂編

0
「海辺の湯」の続きです宿泊客は2階に有る日帰り温泉の大浴場・露天風呂も営業時間中なら自由に使えます。また、各部屋に海の見えるお風呂がついています。部屋の浴室は露天ではなく、開閉出来る大きなガラス窓のついた私の好きなタイプです。浴槽は残念ながら小っちゃいです。身長153cmの妻は足を伸ばせたそうですが、178㎝の私は膝を曲げないと入れませんでした。お湯はコーラを薄めたような茶褐色で味・匂いはほとんど感じませ...

内房の温泉へ~宿に到着編

0
海岸沿いの国道127号を南下して行くと、唐突に姿を現したのが本日のお宿「海辺の湯」です。日帰り温泉施設ですが3階に宿泊出来る様になっています。↓昭和のドライブインみたいな外観ですw。同じ敷地内に漁師料理の「かなや」が有ります。案内された部屋は「凪」8畳程冷蔵庫は自己申告制、350mlビール450円シャワートイレ有、洗面台はミニマム部屋のつぼ風呂(温泉)と浴室からの眺めプライベートビーチならぬプライベート小磯w部...

内房の温泉へ~往路編

0
釣竿も持たずに内房へ温泉旅行に行って来ました。朝、埼玉の自宅を出発する時にはどんよりと曇っていたのですが、徐々に天気も回復し、海ほたるに着く頃には晴れ間が見えてきました。海ほたるでの昼食は「潮干狩り丼」↓アサリの卵とじの上にアナゴの天ぷらが乗っています。思いの外アサリがたっぷり入っていて、一寸こめかみが痛くなりましたが完食。程よいクドさで満腹です。アクアブリッジを渡って房総半島へ房総半島を南下し、...