湯河原温泉・なわ井(3)~食事編

湯河原温泉・なわ井の続き、食事編です
夕食は18時からお願いしました。部屋出しです。

最初のセッティング
2017-03-01_181758_R.jpg

お酒は『丹沢山』を貰いました。ちょっとアルコールのピリッとした感じが有るけど嫌味の無い辛口で美味しかったです。
2017-03-01_214651_R.jpg 2017-03-01_182640_R.jpg

前菜…そら豆が磯部揚げ風になっていました。こういう小技の利いた料理が出ると嬉しくなる訳で…
菜の花の煮びたしもとても上品な出汁で、この後の料理も期待大です。
2017-03-01_181811_R.jpg

お造りは、ホウボウ・マグロ・ブリ・アジ・アオリイカ
ホウボウは程良い歯応えと甘味で好き。アオリイカがすごく柔らかかった。
2017-03-01_181648_R.jpg 2017-03-01_182426_R.jpg

まろやかな酸味の酢の物と白魚の鍋
白魚が煮えたら卵でとじて食べる趣向ですが完成写真は撮り忘れ
2017-03-01_181829_R.jpg 2017-03-01_181823_R.jpg

これ以後の料理は一品づつ出来立てを、和服姿の若女将?が運んでくれました。
格安と言える料金で部屋出しの一品出しとは恐れ入りました。

南瓜の揚げ物…さっくりと揚がった南瓜にカニの入った美味しい餡が掛かっています。中に包んであったのはチーズだったかな?
2017-03-01_184000_R.jpg 2017-03-01_184047_R.jpg

ブリ大根…全体的に薄味の料理の中でこの一品だけはこってり仕上げ
2017-03-01_184010_R.jpg

バターの香る鱈のムニエル
2017-03-01_184548_R.jpg

春巻きは良くある柔らかい中身を想像していたら、長芋とアスパラのシャキッとした食感が新鮮でした。
2017-03-01_185435_R.jpg

〆はごぼうの炊き込みご飯と蕎麦入りのお吸い物
会席のシメは白飯よりもこの手の味付きご飯の方が好き。
2017-03-01_191751_R.jpg

デザートは、抹茶チーズケーキ・牛乳プリン・メロン(ちょっと固かったw) ご馳走様でした。
2017-03-01_194516_R.jpg


朝食は8時~9時半の間に食事処でという事なので、8時頃食事処へ。
以前は部屋食を好んだのですが、最近は食事処の方が気楽でいいと思うようになりました。
特に朝食が部屋出しだと慌ただしい感じになりますので…
2017-03-02_081200_R.jpg

最初のセットと豆乳の鍋
2017-03-02_081142_R.jpg 2017-03-02_081253_R.jpg

ふんわりとした卵焼きは焼きたてを出してくれました
2017-03-02_082118_R.jpg 2017-03-02_081833_R.jpg

今回は楽天からの申し込みで、宿泊費は2人分で\24,830-でした(消費税込み・飲み物別)
この値段で、ゴハンは美味しいし温泉は一晩中貸し切りで入り放題ですからコスパはとても良いと思います。
接客はかなり淡白で良く言えば「押しつけがましい所の無い」、別の言い方をすれば「素っ気ない」感じですが、私は居心地良く感じました。

チェックアウト時に『梅の宴』の入場券と甘酒の券をもらって、湯河原・幕山公園の梅林に行ってみました。
山の斜面に重なり合う梅が見事です。
2017-03-02_110855_R.jpg 2017-03-02_103740_R.jpg
2017-03-02_104506_R.jpg 2017-03-02_105531_R.jpg

梅林をひと回り見終わる頃に雨が降り出しました。
このまま帰るのも名残惜しかったので、湯河原町立美術館を見学した後、いつもの小田原経由で帰途に着きました。

~お終い

湯河原温泉・なわ井(2)~館内編

湯河原温泉・なわ井の館内の様子です。

一階は玄関ホールのみの模様
2017-03-01_155444_R.jpg 2017-03-01_155457_R.jpg

吹き抜けになっています
2017-03-01_155530_R.jpg 2017-03-01_154657_R.jpg

2階の帳場付近、自販機も有ります
2017-03-02_061420_R.jpg 2017-03-01_154623_R.jpg

客室(全6室)の有る3階の廊下の様子と、今回の泊まった『桐』の入り口
2017-03-01_153222_R.jpg 2017-03-01_153334_R.jpg

踏み込み部分とその奥に有る洗面所、ドライヤー,大型のタオル掛け有り
2017-03-01_153308_R.jpg 2017-03-01_154147_R.jpg

洗面台の前が窓なので鏡は背後に着いていました。これは使いにくいw
トイレも時代を感じさせる作りながらウォシュレット装備
2017-03-02_092817_R.jpg 2017-03-01_154218_R.jpg

10畳+広縁でゆったりとしています。
住宅地なので窓の外に見えるのは民家の屋根ですが、3階なので視界が開けていて遠景には山も見えます。
年季の入った建物で古さは感じますが、必要な手入れはされている感じです。
2017-03-01_153020_R.jpg 2017-03-01_153510_R.jpg

お茶請けはくるみ最中、くるみがたっぷり入っていて(゚д゚)ウマー
2017-03-01_153407_R.jpg 2017-03-01_153644_R.jpg

浴衣とバスタオル・フェイス?タオル、アメニティグッズは歯ブラシのみと言う潔さw
2017-03-01_153839_R.jpg

静かな環境では有りますが、この日はちょっと問題が…
近所で重機を使った工事中、しかも2か所同時にww
まあ、夕方作業終了してから翌朝までは「シーン」という音が聞こえる位静かでしたがw
2017-03-01_153109_R.jpg 2017-03-01_170553_R.jpg

んじゃまあ、お風呂行きましょう。
お風呂は大きい方と小さい方の2か所の内風呂が有って、どちらも予約不要で内鍵有りの貸し切りです。
(利用時間は15時のチェックイン~翌朝9時まで)

大きい方の脱衣所と浴室
浴槽は3~4人は入れるサイズ、外は住宅街なので窓を全開という訳にはいかないのがツライかな?
ガラスに吹き付けた目隠し用の白いスプレーが手作り感とやっつけ感を醸し出していますww
2017-03-01_161658_R.jpg 2017-03-01_161610_R.jpg

小さい方の脱衣所と浴室
1~2人用ですね。いつも大きい方が空いていたのでこちらには入りませんでした。
2017-03-01_161444_R.jpg 2017-03-01_161458_R.jpg

バスアメニティもミニマムw
2017-03-02_055043_R.jpg

無色透明でほんの少ししょっぱい、さらっとしたお湯でした。
同じ湯河原の花長園のお湯は少しヌルっと感が有ったんですが、近所でも源泉によって個性が違うのかな?
2017-03-01_161553_R.jpg 2017-03-01_161600_R.jpg

今回は湯気で写真が上手く撮れなかったので興味のある方は宿の公式HPをご覧下さい。
■湯河原温泉・なわ井HPへのリンク
■なわ井・お風呂のページ

~続く

湯河原温泉・なわ井(1)~往路編

3月の初めに湯河原に行って来ました。
1ヶ月前に東伊豆に行ったばかりなので、少しルートを変えて見ようと東名を使わず首都高湾岸線→横浜新道へ
つばさ橋からベイブリッジ辺りは、港の風景を見下ろしつつ美しい橋を走り抜ける好きなルートの一つです。
2017-03-01_103519_R.jpg

つばさ橋
2017-03-01_105720_R.jpg 2017-03-01_105730_R.jpg

大黒PAでちょっと休憩
2017-03-01_105939_R.jpg 2017-03-01_112054_R.jpg

ベイブリッジ
2017-03-01_112534_R.jpg 2017-03-01_112554_R.jpg

横浜新道→R1→K22・長後街道へ
R1の戸塚あたりが渋滞している時の回避ルートになるかなと思ったのですが、交通量は少ないものの信号が多くて余りペースは上がらなかった… 厚木からR129を南下して海岸沿いのR134へ
2017-03-01_114504_R.jpg 2017-03-01_125119_R.jpg

西湘バイパスは好き。何度通っても飽きない
2017-03-01_125603_R.jpg

で、初めての小田原城へ
外観はなかなか格好良いのですが内部はコンクリ製ののビルそのものなんですね…
本物のお城の内部に似せようとか雰囲気を出そうとか、そういう感じじゃ無いんですねぇ…
展望台としては眺めが良いです。あと、大好きな顔ハメも置いて有ったしw
2017-03-01_133121_R.jpg 2017-03-01_140501_R.jpg
2017-03-01_140309_R.jpg 2017-03-01_140803_R_R.jpg

小田原城を後にR135で再び海岸沿いを走って湯河原に、
そして温泉場に有りがちなクソ細い道を慎重に通り抜けて、本日のお宿『なわ井』に到着
2017-03-01_144942_R.jpg 2017-03-01_152315_R.jpg
2017-03-01_155303_R.jpg 2017-03-01_155351_R.jpg

~続く

東伊豆白田温泉・割烹の宿大観荘(4)~おまけ編 ジュエルピアと熱海桜と

東伊豆旅行の続きです

大観荘をチェックアウトした我々は宿の周辺をちょっと散歩。海岸まではほんの1~2分です。
暖かい季節だったら、温泉に入った後に涼みがてら散歩するのも良さそうですね。
2017-01-27_100353_R.jpg 2017-01-27_100529_R.jpg

河津桜が咲き始めていました
2017-01-27_095945_R.jpg 2017-01-27_100831_R.jpg

白田温泉を後にR135を北上、向かったのは伊東市富戸に有るジュエルピア。象牙と石の彫刻を展示しています。
入場料\1,200-の所、大観荘で割引券をもらっておいたので\1,000-でした。
2017-01-27_103709_R.jpg 2017-01-27_111533_R.jpg

ものすごく緻密な象牙の彫刻
2017-01-27_111741_R.jpg 2017-01-27_111831_R.jpg

多層球。中空の玉の中に少し小さい中空の玉が入っていて、その中に更に小さい球が…以下繰り返し…
2017-01-27_111712_R.jpg 2017-01-27_112014_R.jpg
2017-01-27_111616_R.jpg 2017-01-27_111650_R.jpg

彩石象嵌屏風・楊貴妃縁起…楊貴妃の一生を描いた全長75mの大作
自然石の色を生かして、半立体に彫刻したパーツを貼り合わせて屏風絵を構成しています。
2017-01-27_104046_R.jpg 2017-01-27_104101_R.jpg

サービスカットも有ります
2017-01-27_114122_R.jpg 2017-01-27_114217_R.jpg

こちらは西遊記
2017-01-27_112527_R.jpg 2017-01-27_112538_R.jpg

翡翠の彫刻やら
2017-01-27_113346_R.jpg 2017-01-27_113725_R.jpg

自然石の持つ色柄を利用した彫刻
2017-01-27_113742_R.jpg 2017-01-27_113805_R.jpg

カニやらシャコやらリアルでした
2017-01-27_112748_R.jpg 2017-01-27_112856_R.jpg
2017-01-27_112813_R.jpg

なかなか見ごたえが有りました。
以前から気になっていたのですが今回立ち寄れて良かった。

この後は更に北上、熱海周辺で熱海桜と思しき満開の桜を見かけたので、車を駐めて見に行く事にしました。
熱海桜の名所?糸川に行ってみるとまだ1月だというのにすでに満開を過ぎています。超早咲きとは聞いていましたがここまで早いとは驚きました。
2017-01-27_125528_R.jpg 2017-01-27_130104_R.jpg

メジロがたくさんいて可愛かった。ウグイスと間違えている人もたくさんw
2017-01-27_130225rt.jpg 2017-01-27_130238rt.jpg

今年初めての花筏を眺めながら糸川河口まで散策
2017-01-27_130441_R.jpg 2017-01-27_130702_R.jpg

一足早い春の気分を楽しんで熱海を後に小田原へ。昼食はさすがにちょっと飽きつつある『えれんなごっそ』
空が映り込むカウンター席がいつもの場所です。時折、野鳥やら猫やらがやって来るのもこの席の楽しみ。
2017-01-27_135341_R.jpg 2017-01-27_141041_R.jpg

この日は好みの料理が少なかった様な…
2017-01-27_140255_R.jpg 2017-01-27_143756_R.jpg

昼食の後はやっぱり干物の山安へ
珍しく人のいない試食コーナー。ここにビールを持ち込むツワモノがいるとか?w
2017-01-27_152442_R.jpg 2017-01-27_152509_R.jpg

お土産の干物を買ったら後は帰るだけ
大観荘のゴハンは美味しかったし、キレイなものも色々見られたし、なかなか充実した旅行だっかな



東伊豆白田温泉・割烹の宿大観荘(3)~食事編

東伊豆白田温泉・割烹の宿大観荘の続き、食事編です
夕食は18時からお願いしました。

時間になると電話が掛かって来て1階の食事処へ
個室風ですが仕切りは障子なので隣室の声は聞こえます。BGMにはGONTITIが流れていました。
あらかじめセットされていた料理は八寸だけで、後は一品づつ出来立てを出してくれます。
2017-01-26_181154_R.jpg 2017-01-26_181238_R.jpg

お品書きとドリンクメニュー
2017-01-26_181101_R.jpg 2017-01-26_181052_R.jpg

お酒は一度飲んでみたかった磯自慢が有ったので本醸造を頼んでみました(1合¥1,600也)
うん、確かに旨い。フルーティーで雑味が無く綺麗で、人気が有るのも頷けます。
美しい10点盛りの八寸を肴にお酒が進んじゃいますw
2017-01-26_183127_R.jpg 2017-01-26_181257_R.jpg

次に登場した料理、アラレをまぶして揚げた里芋に菜の花をあしらった餡が掛けて有ります。
先ず出汁が旨い、アラレの食感が楽しくて菜の花が良いアクセントになっています。
2017-01-26_181624_R.jpg

お造りは、鮪・カンパチ・ムツ・鯵・甘海老+ナマコ酢
ムツが入っていたのが嬉しかった。ナマコはコリコリで(゚д゚)ウマー
…若い頃は自分がナマコを喰う人間になるなんて思いもしなかった…
2017-01-26_182144_R.jpg

伊勢海老の焼き物
一度取り出した身をキノコ等と一緒に殻に詰めて焼いて有ります。
プリプリの海老の身とちょっと焦げたソースが絡んで美味しいです。
2017-01-26_183707_R.jpg 2017-01-26_183930_R.jpg

気さくな感じの女将さん曰く
「殻にくっ付いて取り切れない身が有るからほじりだして食べて下さい、脚にも身が入っていて食べられますからねー」

伊勢海老の脚が喰えるなんて始めて知ったわー
しかしこの行為、他所でやったら意地汚い客だと思われないかな?ww
2017-01-26_184432_R.jpg

女将さんお薦めの大山を注文(300ml \1,300-)
これはもろに好み、濃淳かつ爽やかで大好きなタイプ
リーズナブルだし磯自慢よりこっちの方が良いな…
2017-01-26_190108_R.jpg 2017-01-26_190101_R.jpg

そしてアワビ料理
長時間蒸してからソテーするそうで、すんごく柔らかで肝ソースを絡めて食べると…ん~幸せ
添えてある芽キャベツやロマネスコといった野菜も、野菜そのものの味が出ていて美味し~
2017-01-26_185400_R.jpg

次のお皿はソテーした豚肉にこんもりと乗ったワサビ菜
黄色いかぼちゃのソースとバルサミコ酢のソースで頂きます。
海鮮のコースの中に一品お肉が有るのは嬉しいパターンですね。
甘い脂とたっぷりのワサビ菜の組み合わせが良かったです。
2017-01-26_191320_R.jpg

金目鯛はしょっぱさ控え目で上品に仕上げてありました。
ここで銅釜炊きのご飯も出してくれます。
2017-01-26_193223_R.jpg 2017-01-26_195120_R.jpg

御飯と味噌汁の写真は撮り忘れ
デザートのチーズケーキは美味かったけど、ここはゼリーとか果物とか喉越しの良いモノの方が合っていたかも?
2017-01-26_195633_R.jpg

2時間弱かけて充実したコースを堪能しました。
評判通りで期待以上…満足です。

食事を終えて部屋に戻ったら、満腹と程よくお酒も廻っていたのでうっかり寝入ってしまいました。
目が覚めたのが23時…温泉に入り損ねてしまった。
翌朝、男女が入れ替わった浴場へ、こちらの露天は岩風呂でした。
2017-01-27_063917_R.jpg 2017-01-27_064010_R.jpg
2017-01-27_063954_R.jpg 2017-01-27_064020_R.jpg

朝食は8時から昨夜と同じ食事処で
御飯のお供9点盛りを中心に、鯵の干物(写真忘れ)、卵焼き、シラスおろし、茶碗蒸し、ヨーグルト
夕食同様、銅釜炊きのご飯とアサリのたっぷり入った味噌汁が出ました。
2017-01-27_080839_R.jpg 2017-01-27_080848_R.jpg

春菊入りの餡を張った茶碗蒸しが美味しかった。
2017-01-27_080902_R.jpg 2017-01-27_080912_R.jpg


今回の宿泊費は2人分で ¥28,260-(諸税込み、飲み物別)
コスパはとても良いと思います。
公式HPからの申し込みがお得な様です。

■東伊豆白田温泉・割烹の宿大観荘へのリンク

~おまけ編に続く

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる