四万温泉・長静館(3)~翌朝編

四万温泉・長静館の朝

先ずは朝風呂へ、朝の貸し切り風呂の予約を取り損ねたので大浴場へ
2017-04-17_064939_R.jpg

貸し切りの予約が一杯という事は大浴場は空いている訳で…独占
2017-04-17_065117_R.jpg 2017-04-17_065316_R.jpg

清流を眺め川音を楽しみつつのんびりと…
2017-04-17_065239_R.jpg 2017-04-17_065330_R.jpg

…!?……???…
2017-04-17_065220_R.jpg 2017-04-17_065403_R.jpg

んで、8時に食事処へ。安定・安心のいつもの朝食
真ん中にはシイタケの出汁の効いた煮物
2017-04-17_080845_R.jpg 2017-04-17_080615_R.jpg

2017-04-17_080852_R.jpg 2017-04-17_080907_R.jpg

そしてこのほろ苦い蕗味噌。うーん、ご飯よりも日本酒が欲しくなってしまふ…
2017-04-17_080543_R.jpg 2017-04-17_080859_R.jpg

朝食もやはり、満足

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

四万温泉・長静館 2017年4月(2)~夕食編

四万温泉・長静館の夕食です。

開始時間の18時に1分程フライングして食事処へ、お気に入りの窓側奥のテーブルに着きます。
この日の宿泊客はウチを含めて落ち着いた年代の夫婦(?)4組で、皆さんリピーターっぽい雰囲気です。

2017-04-16_180052_Rrt.jpg

ここの所、このスパークリングワインばかり頼んでいます。
2017-04-16_180456_Rrt.jpg 2017-04-16_180520_Rrt.jpg

コースの始まりは人参のムース
一口目の感想は、「土くさっ!(歓喜)」 人参の自己主張
食べ進めるとクセの強さは奥に引っ込み、穏やかな甘さが前に出て来ました。
2017-04-16_181111_Rrt.jpg

彩菜、何種類もの野菜がそれぞれに美味しい。たっぷりと手間の掛かった贅沢な一皿
奥の方に添えられた不思議な味の白いソースはナガイモだそう。
2017-04-16_182629_Rrt.jpg 2017-04-16_182654_Rrt.jpg


お肉の旨味を凝縮した様なパテ。 添えてあるキノコも良いです。
2017-04-16_185113_Rrt.jpg 2017-04-16_185121_Rrt.jpg

魚料理は香草パン粉焼
香ばしく焼き上げた皮と、「半生?」と思わせる身の焼き加減
ゴボウのソース、焦がしたキャベツ、春らしくホタルイカ…良いですねぇ
2017-04-16_191152_Rrt.jpg

2017-04-16_191213_Rrt.jpg 2017-04-16_191206_Rrt.jpg

リブロース丼
お肉が美味しいのは言わずもがなですが、キャベツの和えものがまたひじょーに美味いと…
2017-04-16_192450_Rrt.jpg


やまと豚はスプーンでホロホロと崩れる柔らかさ
2017-04-16_193535_Rrt.jpg 2017-04-16_193630_Rrt.jpg


〆の食事はさっぱりした出汁のおにぎり茶漬け
2017-04-16_194822_Rrt.jpg


デザートの前に女将さんが
「奥様はデザートまでいけそうですか?」と訊いてくれました。

妻は前回の夕食時に調子が悪く、デザートを翌朝に廻してもらったことをちゃんと覚えてくれているのです。
この女将さんのさりげない気配りこそが、南シェフの料理と並ぶこの宿の魅力になっています。

プレドルチェとドルチェはともにイチゴ、安定の美味さだけどそれぞれ違う果物だと更に嬉しかったかも
2017-04-16_195925_Rrt.jpg 2017-04-16_200840_Rrt.jpg

今回も満足です、愉しい2時間でした。

~続く

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

四万温泉・長静館 2017年4月(1)~花を愛でつつ往路編

四月の中旬、久し振りの四万温泉に行って来ました。
今回の旅は行き先を決める夫婦会議も必要ありませんでしたw
春が来て雪が解けたら長静館に行くというのは、すでにウチの決まり事になっています。

という訳で早くも7回目の宿泊となりました。
過去の旅行記へのリンクを下に貼っておきます…

6回目 2016年11月
5回目 2016年8月
4回目 2016年6月
3回目 2016年4月
2回目 2015年11月
1回目 2015年6月

それでは今回の旅行記…

いつもの様に東北道→圏央道→関越道
この日は日曜日で昼食はどこも混むと思われましたので早めに上里SAへ。
2017-04-16_112345_R.jpg

レストランプリンスで名物?『わらじカツどんセット』 私は蕎麦のセットを、妻はうどんのセットを注文
わらじカツは出汁を含ませて有ってなかなか美味かった。うどんと蕎麦では小麦の香りのするうどんの圧勝ww
2017-04-16_114006_R.jpg 2017-04-16_114050_R.jpg

その後、関越・渋川伊香保IC→R353と渋滞も無く順調、水仙と桜が楽しめる岩井親水公園に到着
田舎の公園とナメていたのですがw 結構な人出で駐車場に入るまで少し時間が掛かりました。
2017-04-16_134648_R.jpg 2017-04-16_133017_R.jpg

水仙も桜もちょうど満開でした。美し~い♪ 遠景に山が見えるのがまた良いですねぇ
2017-04-16_133548_R.jpg 2017-04-16_133154_R.jpg


岩井を後に中之条へ、立ち寄ったのは枝垂桜が有名な林昌寺
いきなり現れた歴史を感じさせる山門、渋っ!
2017-04-16_141029_R.jpg 2017-04-16_141359_R.jpg

山門の中にいらっしゃる方々
2017-04-16_141513_R.jpg 2017-04-16_141533_R.jpg

本堂、真田氏ゆかりの寺なので六文銭があしらわれています。
2017-04-16_141634_R.jpg 2017-04-16_142226_R.jpg

2017-04-16_142327_R.jpg 2017-04-16_142506_R.jpg

樹齢400年とも言われるこの桜は、美しいだけでなく圧倒的な存在感と威厳を感じさせます。
うーん、これは良いものを見た…
2017-04-16_141724_R.jpg 2017-04-16_142257_R.jpg

林昌寺を出て四万温泉に向かい、15時少し前に長静館に到着
フロントの飾りつけは春仕様になっていました。
2017-04-17_095253_R.jpg

今日の部屋は、広縁付きの角部屋『もみじ』
2017-04-16_150742_R.jpg 2017-04-16_151507_R.jpg

窓からの眺めは、新緑と言うよりはまだ冬枯れの様相
2017-04-16_151003_R.jpg 2017-04-16_150032_R.jpg

貸し切り露天風呂は16時からの予約にしました。
かなり熱かったので、ほんの少しだけ加水させてもらって体感で43℃位。
緑はまだ少ないものの四万川の水面を眺め水音を聴きながらの温泉はなんともリラックスできます。
2017-04-16_155915_R.jpg 2017-04-16_155624_R.jpg

~続く

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

湯河原温泉・なわ井(3)~食事編

湯河原温泉・なわ井の続き、食事編です
夕食は18時からお願いしました。部屋出しです。

最初のセッティング
2017-03-01_181758_R.jpg

お酒は『丹沢山』を貰いました。ちょっとアルコールのピリッとした感じが有るけど嫌味の無い辛口で美味しかったです。
2017-03-01_214651_R.jpg 2017-03-01_182640_R.jpg

前菜…そら豆が磯部揚げ風になっていました。こういう小技の利いた料理が出ると嬉しくなる訳で…
菜の花の煮びたしもとても上品な出汁で、この後の料理も期待大です。
2017-03-01_181811_R.jpg

お造りは、ホウボウ・マグロ・ブリ・アジ・アオリイカ
ホウボウは程良い歯応えと甘味で好き。アオリイカがすごく柔らかかった。
2017-03-01_181648_R.jpg 2017-03-01_182426_R.jpg

まろやかな酸味の酢の物と白魚の鍋
白魚が煮えたら卵でとじて食べる趣向ですが完成写真は撮り忘れ
2017-03-01_181829_R.jpg 2017-03-01_181823_R.jpg

これ以後の料理は一品づつ出来立てを、和服姿の若女将?が運んでくれました。
格安と言える料金で部屋出しの一品出しとは恐れ入りました。

南瓜の揚げ物…さっくりと揚がった南瓜にカニの入った美味しい餡が掛かっています。中に包んであったのはチーズだったかな?
2017-03-01_184000_R.jpg 2017-03-01_184047_R.jpg

ブリ大根…全体的に薄味の料理の中でこの一品だけはこってり仕上げ
2017-03-01_184010_R.jpg

バターの香る鱈のムニエル
2017-03-01_184548_R.jpg

春巻きは良くある柔らかい中身を想像していたら、長芋とアスパラのシャキッとした食感が新鮮でした。
2017-03-01_185435_R.jpg

〆はごぼうの炊き込みご飯と蕎麦入りのお吸い物
会席のシメは白飯よりもこの手の味付きご飯の方が好き。
2017-03-01_191751_R.jpg

デザートは、抹茶チーズケーキ・牛乳プリン・メロン(ちょっと固かったw) ご馳走様でした。
2017-03-01_194516_R.jpg


朝食は8時~9時半の間に食事処でという事なので、8時頃食事処へ。
以前は部屋食を好んだのですが、最近は食事処の方が気楽でいいと思うようになりました。
特に朝食が部屋出しだと慌ただしい感じになりますので…
2017-03-02_081200_R.jpg

最初のセットと豆乳の鍋
2017-03-02_081142_R.jpg 2017-03-02_081253_R.jpg

ふんわりとした卵焼きは焼きたてを出してくれました
2017-03-02_082118_R.jpg 2017-03-02_081833_R.jpg

今回は楽天からの申し込みで、宿泊費は2人分で\24,830-でした(消費税込み・飲み物別)
この値段で、ゴハンは美味しいし温泉は一晩中貸し切りで入り放題ですからコスパはとても良いと思います。
接客はかなり淡白で良く言えば「押しつけがましい所の無い」、別の言い方をすれば「素っ気ない」感じですが、私は居心地良く感じました。

チェックアウト時に『梅の宴』の入場券と甘酒の券をもらって、湯河原・幕山公園の梅林に行ってみました。
山の斜面に重なり合う梅が見事です。
2017-03-02_110855_R.jpg 2017-03-02_103740_R.jpg
2017-03-02_104506_R.jpg 2017-03-02_105531_R.jpg

梅林をひと回り見終わる頃に雨が降り出しました。
このまま帰るのも名残惜しかったので、湯河原町立美術館を見学した後、いつもの小田原経由で帰途に着きました。

~お終い

湯河原温泉・なわ井(2)~館内編

湯河原温泉・なわ井の館内の様子です。

一階は玄関ホールのみの模様
2017-03-01_155444_R.jpg 2017-03-01_155457_R.jpg

吹き抜けになっています
2017-03-01_155530_R.jpg 2017-03-01_154657_R.jpg

2階の帳場付近、自販機も有ります
2017-03-02_061420_R.jpg 2017-03-01_154623_R.jpg

客室(全6室)の有る3階の廊下の様子と、私達の泊まった『桐』の入り口
2017-03-01_153222_R.jpg 2017-03-01_153334_R.jpg

踏み込み部分とその奥に有る洗面所、ドライヤー,大型のタオル掛け有り
2017-03-01_153308_R.jpg 2017-03-01_154147_R.jpg

洗面台の前が窓なので鏡は背後に着いていました。これは使いにくいw
トイレも時代を感じさせる作りながらウォシュレット装備
2017-03-02_092817_R.jpg 2017-03-01_154218_R.jpg

10畳+広縁でゆったりとしています。
住宅地なので窓の外に見えるのは民家の屋根ですが、3階なので視界が開けていて遠景には山も見えます。
年季の入った建物で古さは感じますが、必要な手入れはされている感じです。
2017-03-01_153020_R.jpg 2017-03-01_153510_R.jpg

お茶請けはくるみ最中、くるみがたっぷり入っていて(゚д゚)ウマー
2017-03-01_153407_R.jpg 2017-03-01_153644_R.jpg

浴衣とバスタオル・フェイス?タオル、アメニティグッズは歯ブラシのみと言う潔さw
2017-03-01_153839_R.jpg

静かな環境では有りますが、この日はちょっと問題が…
近所で重機を使った工事中、しかも2か所同時にww
まあ、夕方作業終了してから翌朝までは「シーン」という音が聞こえる位静かでしたがw
2017-03-01_153109_R.jpg 2017-03-01_170553_R.jpg

んじゃまあ、お風呂行きましょう。
お風呂は大きい方と小さい方の2か所の内風呂が有って、どちらも予約不要で内鍵有りの貸し切りです。
(利用時間は15時のチェックイン~翌朝9時まで)

大きい方の脱衣所と浴室
浴槽は3~4人は入れるサイズ、外は住宅街なので窓を全開という訳にはいかないのがツライかな?
ガラスに吹き付けた目隠し用の白いスプレーが手作り感とやっつけ感を醸し出していますww
2017-03-01_161658_R.jpg 2017-03-01_161610_R.jpg

小さい方の脱衣所と浴室
1~2人用ですね。いつも大きい方が空いていたのでこちらには入りませんでした。
2017-03-01_161444_R.jpg 2017-03-01_161458_R.jpg

バスアメニティもミニマムw
2017-03-02_055043_R.jpg

無色透明でほんの少ししょっぱい、さらっとしたお湯でした。
同じ湯河原の花長園のお湯は少しヌルっと感が有ったんですが、近所でも源泉によって個性が違うのかな?
2017-03-01_161553_R.jpg 2017-03-01_161600_R.jpg

今回は湯気で写真が上手く撮れなかったので興味のある方は宿の公式HPをご覧下さい。
■湯河原温泉・なわ井HPへのリンク
■なわ井・お風呂のページ

~続く
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる