箱根仙石原・湯屋やまざくら再訪(2)

やまざくらの夕食は18時から食堂で。
実はチェックインの時から何となく気づいていたんだけど…今日の客層は異常に若いw
ウチ以外はみんな20代のカップルだったんじゃないかな?

後で宿の人に聞いたら春休み期間中は若い人が多いんだそうで、ウチだけが飛びぬけて年配夫婦、何だか場違いな場所に迷い込んでしまった様なヘンな感じでした。ちなみに隣のテーブルのお嬢さんは朗らかに良く喋るタイプで、久し振りに居酒屋で食事をしている様な気分を味わえましたww

閑話休題、最初のセット
定番の揚げ野菜(好き)と、サーモンで包んだクリームチーズ&アボカド
2019-03-17_180813_R.jpg 2019-03-17_180941_R.jpg

2019-03-17_180934_R.jpg 2019-03-17_181403_R.jpg

私は冷酒を、妻は梅酒のソーダ割
2019-03-17_181639_R.jpg 2019-03-17_181628_R.jpg

春らしい新玉葱のスープ、夫婦ともにお気に入りのクレソン蕎麦
2019-03-17_181852_R.jpg 2019-03-17_182251_R.jpg

お造りは山芋をあしらった鰤、これも美味いけど前回の鯵の方が好きだな
牛たたきの握り、蕎麦寿司、天ぷらはタラの芽だったかな?
2019-03-17_182922_R.jpg 2019-03-17_183905_R.jpg

バーナーを持った女将さんがやって来て仕上げのひと炙り。可愛いリンゴ釜にはもずく酢
2019-03-17_183715_R.jpg 2019-03-17_184000_R.jpg

サザエは洋風のつぼ焼き?旨くない訳が有りません。道明寺は良い香りがしたのは憶えているけど中身が何だったか失念。
2019-03-17_184920_R.jpg 2019-03-17_185740_R.jpg

豚肉とワカメのシャブシャブ、ワカメを出汁に浸けるとぱっと鮮やかな緑色に変わります。
2019-03-17_190646_R.jpg 2019-03-17_190656_R.jpg

最後に出汁を味噌汁に仕立ててくれて〆のじゃこご飯と共に。そしてデザートのパンナコッタとほうじ茶
今回も個性的な料理をたっぷりと楽しめました、満足。
2019-03-17_192108_R.jpg 2019-03-17_193016_R.jpg

こちらは静かな夜のホール、暖炉に火が入って良い雰囲気でした。
2019-03-17_214749_R.jpg 2019-03-17_214647_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

箱根仙石原・湯屋やまざくら再訪(1)

3月の半ば、なかなか慌ただしい時期だったのですが温泉旅行を強行…
あまり遠くに行く気にもなれず近場の宿を探していると、偶然にもやまざくらの露天付きの部屋の空きを発見。これは僥倖とばかりに即予約しました。

■前回のやまざくら宿泊記へのリンク

当日は直前まで仕事をして遅めの出発。平塚の旬彩屋NOBUでランチ。
2019-03-17_123744_R.jpg 2019-03-17_115227_R.jpg
2019-03-17_114831_R.jpg 2019-03-17_115342_R.jpg

Bランチ、大仙鶏チキンカツに小鉢の刺身も付いて満足感高し
2019-03-17_121259_R.jpg 2019-03-17_121311_R.jpg

箱根湯本方面は渋滞が酷そうだったので箱根新道経由で芦ノ湖へ
ちょうど海賊船が入港して来て、驚くほど大勢の人を吐き出しています。

妻 「海賊船って、すんごい人数を乗せてるのねえ…」
私 「海賊船って言うよりは難民船みたいですね」
妻 「ヤメなさい」

私 「乗ってみますか?」
妻 「またの機会にw」

海賊船は再び大勢の人たちを積み込んで出港して行きました。
2019-03-17_133535_R.jpg 2019-03-17_141310_R.jpg

芦ノ湖を後にし、仙石原を目指します。まだチェックインの時間には早かったので早雲山に寄ってみました。
眺望を期待していたのですが工事中で見るものも無く、ロープウェーで大涌谷に行くほどの時間も無かったので、周辺を少し散歩。
2019-03-17_151557_R.jpg 2019-03-17_144806_R.jpg

強羅方面に歩いて行くと、「ケーブルカーに一駅だけ乗ってみようか?」と妻からナイスな提案。一度は乗ってみたかったのよねコレ。
斜めなホームで待っているとゆっくりと坂を上る車両が見えて来ました。しかし到着したケーブルカーは通勤電車並みの超満員、さすがは箱根ww何だか殺伐としちゃってて車窓を楽しむ雰囲気では有りませんでした。
2019-03-17_150440_R.jpg 2019-03-17_150456_R.jpg

そんなこんなで15:30頃チェックイン。例によってホールで手続きをして部屋のご案内。
今回の部屋は『都忘れ』、前回泊まった『こでまり』の隣の部屋です。
2019-03-17_165411_R.jpg 2019-03-17_154756_R.jpg

10畳+広縁、綺麗に手入れされていますが、ちょっと古さを感じる部分も有りました。
2019-03-17_154859_R.jpg 2019-03-17_160456_R.jpg

洗面兼脱衣所には、低い仕切り壁だけでトイレが設置されていてこれは使いづらい感じ。
そしてこの部屋の魅力、部屋付きの温泉
2019-03-17_155625_R.jpg 2019-03-17_155511_R.jpg

撮影のためにブラインドを全開にしていますが、この状態では近隣から丸見えですww
2019-03-17_160155_R.jpg 2019-03-17_160208_R.jpg

ブラインドを降ろすとこんな感じ。
一人用の小ぶりな浴槽ですが、部屋の温泉が有るのはやはり良いものです。白濁のお湯を心ゆくまで楽しめました。
2019-03-18_074823_R.jpg 2019-03-18_074743_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

いつの間にか桜の季節に

長い間更新が滞ってしまいましたが、生きていますw

で、その間何をやっていたかと言うと、仕事です(キッパリ!) 
私にとって経験の少ないテーマの仕事を請けちゃったもんだから、コレがまー大変だった訳でww
「動かねぇよ~」と涙目で仕事部屋に籠もる毎日でしたw

やっと何とか完成させて納品にこぎ着け、気が付けばすっかり桜満開の季節。
今日は伸びた髪を切りに床屋に行って、ついでにちょっと寄り道して桜の下を散策してきました。
うん、桜はふつくしい。そしてお外は気持ちいいww

2019-04-02_110646_R.jpg 2019-04-02_114142_R.jpg
2019-04-02_112707_R.jpg 2019-04-02_113317rt.jpg

大川温泉・伊豆AZUMA東 (4)~復路編

伊豆AZUMA東を10:30頃チェックアウト。
噂の卵自販機を見学し(買ってないw)R135沿いの直販所で野菜を買い込んで…
2019-01-21_104129_R.jpg 2019-01-21_112802_R.jpg

熱海桜を見に行こうとと熱海の糸川遊歩道へ…
んー、ちょっと時期が早かったなw(この記事は1月21日の記録です)
全体としてはまだ2分咲き位ですね。でも日当たりの良い場所の樹はけっこう咲いていて今年最初の桜を楽しむことが出来ました。
2019-01-21_121725_R.jpg 2019-01-21_122159_R.jpg
2019-01-21_121348_R.jpg 2019-01-21_121338_R.jpg
2019-01-21_121636_R.jpg 2019-01-21_121852_R.jpg

糸川から海岸沿いまで散策。きれいな遊歩道が整備されていたりして熱海も良いですな。
2019-01-21_133140_R.jpg 2019-01-21_133553_R.jpg

熱海を出たら、湯河原でくるみ最中を買ったりしながら小田原へ。いつもの山安で干物を買えば、後はお家に帰るだけ…
2019-01-21_143219_R.jpg 2019-01-21_143401_R.jpg

15時前に小田原を出たら、小田厚→東名→首都高とほとんど渋滞も無く帰れました。

2019-01-21_164546_R.jpg

~お終い

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

大川温泉・伊豆AZUMA東 (3)~食事編

伊豆AZUMA東の夕食は地下1階の食事処で…傾斜地に建っているので、地下といっても駐車場側から見ると地上1階に見えます。食事の開始時間はチェックイン時に決めるのですが、最初に17:30で如何ですか?と訊かれました。私にとっては早すぎるので結局18:30にしてもらいましたが、この日は余り混んでいなかったし、ウチのチェックインは早い方だったので、17:30がこの宿の標準なのかも知れません?

チェックインの時に渡されたカードを持って食事処へ行くと、すでに10組くらいのお客さんがテーブルについていました。モダンな感じできれいな食事処はテーブルもゆったり配置されていますが、大人数が同時に食事をする訳でそれなりのざわつきは聞こえてきます。幸いこの日は静かな大人の客が多かった様ですが、静かに食事を楽しめるかどうかは運まかせの同宿者次第でしょうかw
2019-01-20_183336_R.jpg 2019-01-20_183351_R.jpg

お品書きと最初に用意されていた料理
2019-01-21_101854_R.jpg 2019-01-20_183724_R.jpg

ドリンクメニューから『花の舞』を…純米酒寄りの純米吟醸かな?好み
2019-01-20_183752_R.jpg 2019-01-20_190724_R.jpg

綺麗に盛られた前菜アップ。ちょっぴりだけど柔らかい鮑の入った左側の小鉢が美味しかった。
牡蠣真丈は濃厚な牡蠣の出汁で旨い。
2019-01-20_183731_R.jpg 2019-01-20_184642_R.jpg

お造りはアオリイカ、中トロ、鮑、石鯛、金目と良い魚揃えてます。ねっとりと柔らかいアオリイカとちょっと珍しい石鯛を入れている所がポイント高いですね。
2019-01-20_185207_R.jpg

やっぱた(クロシビカマス)の焼物はレーズンチーズを添えて登場。見事な骨切りを施された身は良い脂が乗っています。
2019-01-20_185634_R.jpg 2019-01-20_190511_R.jpg

もっちりとした百合根饅頭
2019-01-20_191335_R.jpg

和牛のローストは洋皿仕立てで登場。うん、良いお肉、美味しいお肉です
2019-01-20_192146_R.jpg 2019-01-20_192154_R.jpg

〆のご飯。会席の最後ってオカズが無くなりがちですが、御飯のお供を用意してくれています。
2019-01-20_192609_R.jpg 2019-01-20_192630_R.jpg

デザートは、イチゴ、リンゴのコンポート、ぐり茶ブリュレ。
2019-01-20_194438_R.jpg

急かされる感じではないのですが、食べ終わった後の次の料理の提供が早くてサクサクとコースが進んだ感じです。
『やっぱた』とか『ぐり茶ブリュレ』とか伊豆らしさとAZUMAのオリジナリティを両立した感じの料理は良いですねえ。


そして翌朝、早朝散歩にでも行こうと思っていたのですがちょっと寝過ごしちゃったw ベランダから外を眺めると大島に天使の梯子が降りていました。
2019-01-21_071427_R.jpg 2019-01-21_071611_R.jpg

散歩は諦めて朝風呂の後朝食。8:15分に食事処へ
2019-01-21_081956_R.jpg 2019-01-21_082455_R.jpg

ご飯のお供色々、真ん中のラタトゥイユ風小鉢も美味しい。サバ、アジ、カレイと干物が3種盛りなのも嬉しいですね。
2019-01-21_082012_R.jpg 2019-01-21_082241_R.jpg

後から運んでくれた、出来立て豆腐は塩で食べるのがお薦めだそう。そして地元産の卵は是非卵かけごはんで…と言われて、1膳余計に食べちゃったのでしたw
2019-01-21_083328_R.jpg 2019-01-21_082506_R.jpg

~続く

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

hos

Author:hos
インドア派だけど釣りは好き

リンクフリーです
貼るも剥がすもご自由に…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる